野兎とレイヨウ

モフモフしたくなる未確認生物ジャッカロープ

恐らくそれなりの認知度がある未確認生物の中で、一番かわいらしいのがジャッカロープです。
外見も至ってシンプルな、ウサギに角が生えた感じの物になりますが、よくよく考えると不思議なUMAですね。

ジャッカロープは突然変異か既知の生物か

アメリカのワイオミング州で生息するジャッカロープの謎は非常に多いです。
そのネーミングの由来は、レイヨウを意味するアンテロープと言う単語と、野ウサギの英名ジャックラビットを合成した単語です。

外見もそのままウサギに角が生えた感じですね。
パッと見だと違和感があまりないので、真偽は別としても写真を見た限りだと未確認生物っぽくないと思います。

実はこの未確認生物、アメリカンジョークとも言うべき愉快なアイデアが生み出した都市伝説型のUMAなんです。
つまり、いくつか存在する写真も、野うさぎに鹿の角をくっつけて撮影しただけと言う裏話があります。

突然変異のウサギや、本当に未確認生物として存在している可能性も0ではないかもしれませんが、他のUMAと違ってスレンダーマンの様な口コミで広がった存在だと思われます。

ワイオミングで群れで生活していると言う情報もありますが、元来この大きさの角が生えたウサギであれば通常の物とかなり違った生活圏を持っていないと存在出来ないでしょうし、生物学的に見てもあり得ない事なのかもしれませんね。

作りこまれたジャッカロープのディティール

面白い事に、思った以上にそのキャラクターは作りこまれています。
主な物として、

  1. ウィスキーが好物
  2. 乳が万病に効く薬になる
  3. キャンプファイヤーしているとたまに参加してくる
  4. 人の声真似が出来る

等です。

誰がいつ頃作ったのかは分かりませんが、なかなか考え込まれていると思いますwww
思った以上に愛されている未確認生物なんでしょうか。

ジャッカロープがアメリカ大陸に存在する他のUMAと決定的に違う点で、先住民族の伝承に出てこないと言う事があります。
基本的に殆どの未確認生物は、先住民族の間で伝承に古くから登場していて、正式な固有名詞があったりします。

チャンプオゴポゴなんかもちゃんと古くから伝承に登場していますね。
それがジャッカロープには存在しない、と言う事はやはり近世に入って創作された可能性が高いと言う事になってしまいますね。

ジャッカロープの死骸が見つかったと話題に!?

少し前に、ジャッカロープの死骸かと思われる物が見つかった様です。
それは一見すると確かに角を持ったウサギの様にも見えますが、調査の結果ウサギ乳頭腫ウイルスと言う病気にかかった野ウサギの様でした。

確かに綺麗とは言い難いですが角に見えなくもないイボが複数あります。
画像は意外にグロいので貼るのは避けておきますね。

ウサギに角や羽が生えた架空の生物と言うのはヨーロッパでも大昔に流行った伝承の様ですね。
日本ではあまり野ウサギと言うと馴染みが無いかもしれませんが、身近にウサギが存在している地域では似たような逸話が多いのかもしれませんね。

野兎とレイヨウ
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!