2016年現在でも実在の可能性が極めて高い未確認生物ピックアップ

実在しそうな未確認生物

未確認生物の中で研究も進み信憑性が高い物

未確認生物はその正体が分からない事が興味をそそるのであって、素性が分かってしまうと普通の”動物“に成り下がってしまいます。
誰でも知ってるゴリラやパンダも割と近年までは正体が分からない未確認生物だったんですね。

しかし、捕獲されるまでは信じる人も信じない人も居てそこに謎を感じるわけです。
そこで今回は2016年現在実在の可能性が極めて高いと思われる未確認生物を幾つかまとめて紹介します。

ソースがあるものから一部個人的見解も元に挙げてみました。

1、モンゴリアンデスワーム

モンゴリアンデスワーム

モンゴリアンデスワームはゴビ砂漠に生息すると言われています。
研究家の間でも実在する可能性は非常に高いと言われているUMAです。

地元の人々の間では遭遇した際に襲われたりなどの逸話が非常に多く、中には電撃を食らった人や猛毒で馬毎死んでしまった人もいるとの事ですが、そこら辺は脚色された部分だと思います。

しかし、砂漠になにかしらワーム状の未確認生物が生息している可能性は高いと言う事でしょう。

砂漠の未確認生物モンゴリアンデスワーム

2、キャディ

キャデイの写真

カナダの沖合で目撃した人が多数存在するキャディです。
シーサーペントの様に体が細長く、その形状は既存の海洋生物には似ている物は居ても何かの亜種と言うのは考えにくいです。

実在する事はほぼ確定です。
写真の様に死骸とおぼしき物が陸に上がったのも一度だけの事では無い事から、この地域にはキャディが複数生息していると見て良いでしょう。

臆病なカナダの未確認生物キャディ!異彩を放つフォルム!

3、チャンプ

チャンプの正体

チャンプの全身

チャンプはネッシーと同じく有名な水棲型の未確認生物です。
カナダのシャンプレーン湖に存在すると言われてきました。

写真に撮られた事もあり、後はその正体が何なのかと言う所に焦点が集まって経緯もあります。

一説には米軍の監視下にあるとも言われています。

シャンプレーン湖のチャンプの正体判明

4、オゴポゴ

カラーオゴポゴ

カラーにしたオゴポゴ

またしてもカナダから水棲型未確認生物のオゴポゴです。
こちらも存在自体は昔から言われて来ましたが、有名になったのはここ10年位の事だと感じています。

やはり有名になるにはそれなりの理由があって、目撃者が多い事があります。
こちらも頭部を近接撮影された写真が存在します。

オゴポゴの頭部を近接撮影

5、ナウエリート

ナウエリート

アルゼンチンの湖にナウエル・ウアピ湖に潜む未確認生物がナウエリートです。
真偽はともかく、写真にも収められている事と地元では特に昔から有名なUMAです。

何でも紙幣に登場してたりします。

蛇型の未確認生物だと見られていますが、存在の可能性は極めて高いでしょう。

南米アルゼンチンのグロテスク未確認生物ナウエリート

 

6、ローペン

ニューギニアのローペン

ニューギニアに出現する飛行型未確認生物のローペンです。
写真を見る限り何となくプテラノドンぽい感じもします。

奥地の手つかずの自然の中に居ると言う部分も存在の可能性をグンと高めている気がします。

元々現地の人の間では魔物とか魔神と恐れられた存在ですね。

正体はプテラノドン?ニューギニアの未確認生物ローペン

7、スカンクエイプ

スカンクエイプ

個人的に類人猿型の未確認生物で存在の可能性が高いのはこのスカンクエイプではないかと思います。

写真に残っている事の他に目撃情報や遭遇情報も多数ありますね。
なにより強烈な異臭がすると言う部分が存在の確証性を高めてる気がします。

ビッグフットらと同系列の未確認生物だと思いますが、いつかゴリラの様に扱われる日が来るかもしれません。

異臭を放つ未確認生物スカンクエイプ

8、サンドドラゴン

サンドドラゴン

サンドドラゴン

テキサスの喉かな乾燥地帯に出現する謎の未確認生物サンドドラゴンです。
巨大な蛇の様な外見と思いきや、異動する際は尺取虫の様に体を上下に波打つ不思議な生物ですね。

過去に家畜を襲った事例もあるようで、実在の可能性は高いと思われます。
謎が多くどの様な種類の生物なのかも判明していませんが、今後捕獲されたり近接撮影される可能性も高そうですね。

正体不明の未確認生物サンドドラゴン

9、クッシー

クッシー

近接クッシー

意外に思うかもしれませんが日本では屈斜路湖のクッシーが実在するんではないかと思います。
上記の写真もそうですが、目撃情報もあり屈斜路湖に今も潜んでいると思います。

元々付近の交通網が発達するまでは知られていなかった未確認生物ですが、元からあまり水面近くに浮上して来ることは少ないUMAなのかもしれませんね。

屈斜路湖のクッシーが鮮明に撮影された

10、ナーガ

ナーガ

ナーガ

メコン川に住む蛇型の未確認生物だと思われるのがナーガです。
その存在は地元の人に特に信じられていて、半ば神聖視もされている未確認生物になります。

正体は大型のシーサーペントタイプだと思われますが、最近でも目撃情報が相次ぎ動画にも撮影されたりもしています。

巨大未確認生物!?メコン川のナーガ

いかがでしょうか。
実際はまだまだ実在してそうな未確認生物はいますが今回はこの10匹をピックアップしてみました。

また次回も企画してみます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る