ドラゴン型未確認生物天池のテンシ―

テンシ―

天池に現れる怪物テンシ―

中国と北朝鮮の国境付近に存在する天池と言う湖があります。
これは政治的にも非常に微妙な位置にあり、カルデラ湖でもあるこの湖には昔からが住むと言われていました。

ご存じの通り西洋でドラゴンと呼ばれる生き物を表す際にはの漢字を用います。
対して東洋では昔からの漢字を使用しますね。

元々中国が発祥とも言われている龍の伝説は、あらゆる文献に存在し今ではエンターテイメントの中でもその姿を見る事が出来ます。
天池のテンシ―もフォルムも含めて龍に大分近いと言えるでしょう。

頻発するテンシ―目撃談

湖に済む水棲型の未確認生物の中ではテンシ―は割と目撃される頻度が高いです。
一番古い記録は1903年まで遡りますが、それ以前も潜んでいたんでしょうか。

最近の研究で、昔の中国の怪物を集めた「山海経」と言う書物にテンシ―らしき怪物が出てきます。
これは「横幅獣」と言う名で登場しますが、一説によるとこれはテンシ―の事を指しているのではとの見方もあります。

仮にこれがテンシ―であれば、目撃談自体は大昔からあったと言う事になりますね。

近年でも目撃談は増える一方で、1960年代には吉林省の気象局のお役人が7,8匹のテンシ―を目撃したのを皮きりに、2003年には観光客10人を含めた人間が複数のテンシ―を目撃しています。

その他、下記に列挙すると分かっているだけでもこれだけあります。

  1. 2003年8月 全長3メートル以上のテンシ―をおよそ40人が目撃
  2. 2005年7月 発電所の作業員複数がテンシ―を目撃、頭部は牛ほどあったと報告
  3. 2006年6月 観光客10人程がテンシ―を目撃、写真撮影に成功
  4. 2007年8月 観光客100人前後が2匹のテンシ―を目撃
  5. 2007年9月 天池の中心付近にテンシ―が6匹出現、内1匹は親のようだった

これだけ目撃情報があって、中には100人前後の人間が同時に目撃している事例もあることからその存在はほぼ確定と言っても良いと思います。

この時点で分かっている特徴は、一見するとアザラシにも見える様な個体が多くその泳ぐスピードはモーターボート程あるみたいですね。
果たして魚類でしょうか、それとも哺乳類?まったく未知の生物?

目撃情報に共通しているのは夏場に集中していると言う事です。
逆に冬場に目撃される事はまったくと言っていいほど無く、この事から冬眠をするのではないかとも見られています。

テンシ―の正体に迫る

これだけ注目するポイントがある天池のテンシ―ですから、その正体に関しては沢山の説が飛び交っています。
現在出ている物として、古代のクジラ説、プレシオサウルス説、ニジマス説、熊説、アムール虎説、カワウソ説、ムラエノサウルス説、豹説があります。

これだけ正体の候補があがるのも珍しいですが、この地域は付近に沢山の自然資源と野生の動物が存在していると言う事でしょうか。
上記とは別に一時最有力候補として注目を集めた説が「水柱説」です。

これは、天池特有のマグマ活動に付随して湖底の泥を巻き込んだ水柱が発生する事が確認されているからですね。
水柱が大きければ遠目に見たら未確認生物に見えるのかもしれません。

しかし、目撃情報の中には明らかに生物の物と思われる動きもあったりするので今では水柱説は否定されつつあります。

ちなみに天池が存在する長白山(北朝鮮では白頭山)は休火山ではありますが、およそ300年前までは活火山でした。
噴火の頻度もそこそこ多かった山で、特に天池は生物が生存するには適さないと見られて来ました。

こうした過酷な環境を乗り切ったUMAが居ると言う事でしょうか。

奇妙な生物チャイナドラゴンがテンシ―か?

中国は遼寧省歴史資料博物館があります。
この中の一角にチャイナドラゴンと呼ばれる謎の生物の写真が保管されていますが、吉林省とも隣接する遼寧省と言う事もあり、チャイナドラゴンがテンシ―では無いかと思われているようですね。

テンシ―

チャイナドラゴン

龍

それを後押しする一番の理由はその形状です。
目撃情報と非常にマッチしたフォルムから、今ではこのチャイナドラゴンこそがテンシ―であるとの見方が強くなっていますが、懐疑派の人の意見としてはこの写真自体出所が不明と言う事ですね。

個人的に思うのは政治的にも国境付近にある天池、撮影時に軽い侵犯領域をして撮影されたんではないかと思います。
人目を忍んでテンシ―を撮影したのなら、その後具体的に日時と場所を明かせないのは当然です。国際問題になるからですね。

なので、この写真自体作り物等ではなく、自分は本物なんではないかと思いますね。

真偽は不明ですが、今回も下記に天池で撮影されたテンシ―の画像を貼っておきます。
他の水棲型未確認生物とは違い、頭部に大きな特徴があるのが見て取れます。

天池のテンシ―

テンシ―哺乳類

テンシ―は巣穴を持つ哺乳類か

こうして一通り書いてみましたが、テンシ―の具体的な正体は今だに分かっていません。
しかし、中国自体はその存在は公式に認めていて、後は正体判明に時間のみが必要と言った状況だと思います。

場所が場所だけに流石に米軍もテンシ―には関与していないようですが、結果的に絶滅寸前の種である可能性もあるので早目に発見、捕獲した方が良いのではと思ってしまいます。

上記の写真もそうですが、冬場に目撃されない事から冬眠しているんだと思われますね。
そうなると哺乳類が有力になりますが、いまだかつてこの様な生物は似ている物も居ない様な気がします。

噂ではこの写真二枚に写っている岩場付近にテンシ―の巣穴があると見られています。
もし巣穴が発見されればテンシ―の正体も白日のもとにさらされるのは間違いないでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る