ギリシャ神話の邪竜ピュートーン

ピュートーン

ギリシャ神話の中ではマイナーな竜ピュートーン

ギリシャ神話には沢山の竜が登場します。
よく考えて見ると他の地域の神話ではせいぜい一匹か二匹の竜もしくは龍が登場するのが関の山ですが、何故かギリシャ神話ではラドン、ヒュドラ(蛇?)、ウロボロス等が登場しますね。

しかもどれも単体で見ても有名な奴ばかりです。
他の幻想生物と合わせて名前だけでも聞いた事があると言う人は多いのではないでしょうか。

今回紹介するピュートーンですがそう言う意味ではマイナーな竜かもしれません。
私はゲーム「ソウルハッカーズ」に登場した事で知りましたが、その後色々調べてみるとなかなかインパクトのある奴です。

泥から生まれたピュートーン

一説には竜ではなく蛇とも言われますが、いかんせん自分の中では邪竜のイメージが強いので便宜上今回は竜として書こうと思います。
ギリシャ神話の中では出自もはっきりしていて、母はガイアとされています。

このガイアと言う神様は古い地母神としての神格も備えており、大地を象徴する女神様なんですね。
よくガイア理論と言って地球を一つの生物に見立てる学説がありますが、このネーミングも元々ギリシャ神話のガイアから来ています。

ピュートーンの父ははっきりとわかりませんが、一説にはガイアがデウカリオンの洪水の跡大地の泥と交わった際に誕生したとも言われています。
この事からピュートーンは土とか泥と非常に結びつきの強い怪物として描かれていて、地中の中に生息していたと言われています。

ギリシャにはデルフォイと呼ばれる有名な信託所がありました。
これは読んで字の如く神様からのお告げなどを授かる場所ですが、神聖な場所とされており最古の信託所がこのデルフォイなんですね。

日本で言う頃の神社の様な位置づけでしょうか、この当時から有名だった信託所を守っているとされたのがピュートーンなんです。
時にはピュートーン自身が信託を授けていた時代もあったようですが、この事から当初は怪物としての側面より神聖な生物としての趣が強かったんだと思います。

予言の通りアポロンに倒される最期

ギリシャ神話の魅力の一つに、ピュートーンの様な怪物も人間臭く細かい設定がなされている所です。
ある日自ピュートーンはレートーと呼ばれる女神の子供に殺害されると言う予言を耳にします。

慌ててこのレートが子供を出産しないようにと方々追いかけまわしますが、そんなレートーを助ける神様も登場します。
それは主神ゼウス等力のある神々で、その結果無事にレートはアポロンと呼ばれる神様を出産するんですね。

このアポロン、日本では太陽とか光の神様のイメージが強いですが、結果母を追いかけまわしたと言う事でピュートーンはアポロンに追われる様になります。
一説にはアルテミスも助成したとありますが、結局ピュートーンはアポロンに倒されてしまいます。

アポロンはピュートーンの死骸をちゃんと埋葬し、デルフォイの信託所もその後はアポロンの管轄になります。
このタイミングで正式にアポロンの信託所と呼ばれる様になった事も判明していますね。

ピュートーンは大地の災害のイメージが神格化したもの?

個人的な見解ですが、ピュートーンに関しては出自も含め大地の災害に関する神格化された怪物なんではないでしょうか。
洪水後の泥から生まれたと言う点も、疫病などの蔓延を暗示したものなんではないでしょうか。

他にも地滑りなどがあります。
雷や大雨と同じく、それらに抗う術がなかった古代ギリシャの人々には強烈な出来事の一つだったんだと思います。

日本でも特定の神様を鎮めるために社を建てたりしますが、ピュートーンも当初そう言った経緯もあり信託所を守る巨大な蛇もしくは竜として称えられたんだと思います。
時代が下って信仰自体が広がってくると、更に肉付けされていく中でアポロンが登場し、一連のストーリーもよりソリッドになって行ったんだと思います。

その中でピュートーンは退治される話まで作られ、結果お役御免となったんではないでしょうか。

日本でもヤマタノオロチ伝説がありますが、洋の東西を問わず巨大な蛇や竜が退治されるのは不思議ですね。シンクロニシティでしょうか。

アイキャッチ画像出典元:Wikipedia

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2017/06/07
当記事の無断転載は禁止しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る