超古代文明?ストーンヘンジは誰が作ったか!

ストーン返事を誰が建てたか

前回の記事で大まかなストーンヘンジの概要は説明しましたが、今回は一歩踏み込んで考えて見たいと思います。

実はストーンヘンジとは、良くテレビや雑誌でみる例の巨石群だけでなく、あの辺り一帯に同じような巨石群が残っています。
なんとその数約17。
基本的にはそれら周りの巨石群も含めて遺跡「ストーンヘンジ」と称するのが正式な様です。

これら複数の巨石群は、過去の年代に何度も手を加えて成型されて来たみたいですね。
つまり、他の超古代文明の遺物と言われているような物と比べても若干複雑なのがストーンヘンジです。

元々の土地の土壌や、過去の調査方法に問題もあったりと現状ではなかなかスムーズに研究が進まないのも一つ難解にしている要因かしれません。

これらも踏まえてストーンヘンジは誰が作ったかと言う事も考えてみると、色んな説が信憑性を帯びてきます。

ストーンヘンジは宇宙人が建てたとする説も

自分が子供の頃のトンデモ本には真っ先に宇宙人が立てたなんていう説が載っていました。
そしてそれを読んでワクワクしたもんです。

その後調査も進んで今では眉唾説となってしまいましたが、そうなると科学的に誰がどうやって建てたかが重要になってきますね。

研究によると、最古の出土記録としては紀元前8000年前にも遡る段階で建物の遺構が見つかっているらしく、その年代には人や集落が形成されていた事が分かります。
ストーンヘンジの登場はもう少し後の時代になりますが、儀礼場としての側面が当時からあった事は分かっています。

実際誰が建てたかと言うと、紀元前3000年位に生活していたウィンドミル・ヒル人と言う民族が最初に作ったようです。
その後約2000年に渡って様々な民族が手を加え形を変え、現在に至っていますが、現在のイングランド人の祖先であるブリトン人がヨーロッパから移住した段階で、最初にストーンヘンジが作られてから相当な年月が経っています。

大陸から離れた土地、当時の民族性の流れで想像よりも儀式典礼等に関する注目度は高かったと思いますが、管理する民族が変わっても根本的な立ち位置は変わらなかった遺跡なのかもしれませんね。

超古代文明の遺産

ストーンヘンジは何に使っていたのか

もう一つの謎は具体的に何に使って居たのかと言う事です。

  1. 天文的計算場
  2. 宇宙人との交信場
  3. 治療場

この辺が主だった説ですが、ストーンヘンジには確かに不思議な力がある事は研究で判明しています。

ブルーストーンと言う青みがかった石がありますが、これに触れると治癒能力が高まったり、内部には女性が入ると平衡感覚が保てなくなる場所もあるようです。
この力に関しては解明されていませんが、付近の土中から病人や怪我人の骨が大量に出土している事から3番の治療場説が現在では濃厚みたいです。

けど本当に当時の人が計算済みでこのパワーを引き出すために作っていたらそれはそれで正に超古代文明ですけど。

今回、記事を書くにあたって色々調べてみましたが、非常に複雑な遺跡ですね。
自分もどう解釈したら良いのか分からない部分が沢山ありました。

直近の研究で、付近の地中の調査を進めた所、サークルの更に外環と言いますか、グルリと一週回っている外側の石群の跡も発見されたり今後まだまだ新しい情報が出てきそうです。

又、離れた北側の島でストーンヘンジの原型が見つかった事もあり、業界では興味津々な事情が沢山出てきそうですね。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る