ビッグフットの新説!米軍がベトナムで遭遇していた

ベトナム版ビッグフット

ビッグフットはアジアにも存在する

現在では殆どの人がビッグフットと言う単語でピンと来ると思いますが、類人猿系の未確認生物の中ではつとに有名だと思います。
先日海外のニュースで明らかになった物ですが、なんとベトナム戦争時米軍がジャングルでビッグフットの様な生物と何度も遭遇したと言う事が明らかになりました。

ビッグフットと言えばロッキー山脈を始めとして、見たような未確認生物が世界各地で目撃されています。
サスカッチやイエティ等、国として挙げればアメリカ、ロシアの他多数の国が出てきますね。

今回話題になったニュースに関しては、アメリカとベトナムと言う単語で繫がるのは「ベトナム戦争」です。
要は、従軍していた米軍の兵士たちが戦争の最中未確認生物を何度も目撃し、しかもそれが複数の兵士によっても報告されている事から何かしらの類人猿系の生物がジャングルの奥地に潜んいたのはほぼ確実ではないかと思います。

現地の住民の間では「森の人」と呼ばれていたこの未確認生物は一体どのような生物だったのでしょうか。

足跡も採取された謎の霊長類

外見に関しては筋骨隆々な腕、赤みがかって全身を覆う長い毛、身長は約5フィートと言う事ですのでセンチに直すと約150センチ程でしょうか。少々小柄な印象もあります。
同時に複数の人が目撃した記録としては、第101空挺団の6人のパトロール人員が遭遇した物になります。

他にも当時の陸軍軍曹トーマス・ジェンキンスの部隊が遭遇した際は、誰か小石を投げたと言う報告もあり、かなり実在の信憑性は高い話と言えるでしょう。
ちなみにこの時は、ベトナムのビッグフットのグループに襲われそうになっていたと言う事で牽制のつもりで投げた様です。

これが本当なら複数のビッグフットが存在している事になります。

その時も結局ビッグフット達は逃げた様ですが、石を投げなかったらどうなってたんでしょうか。
グループで襲うと言う事で知能も多少はありそうな感じがします。

しかし、恐らくですが人間とコミュニケーションを取るレベルには至らないのでしょう。
あくまで一般的な未確認生物のイメージに近いんだと思います。

この一連の事件は思った以上に重要視されていたようで、戦争自体の次に優先するべき案件としてその後専門の研究家も現地に送られているようです。
その際に、既存の霊長類の物とは一致しない謎の足跡の採取にも成功しているとの情報が出ていますね。

動物学者で以前ボルネオの新種の猿を発見した事で知られるジョン・マッキノンは、「まだ現代科学が介入していない未知の世界でもあるこのジャングルで、手つかず自然の中には謎の生物もいる」と言う趣旨の発言を残しています。

そして現在まで兵士たちの報告と一致する猿は確認されていないと言う事ですね。
やはり、アジアのジャングルの中にもまだまだ人類未踏の地があって、そこには未確認生物が潜んでいると言えるかもしれません。

ベトナム版ビッグフットの正体は

上記でも述べたように、未知の霊長類、それも猿に近しい生物がその正体だと言えます。
近しい所ではスマトラ島のオランペンデク等もいますが、密林の中で長年独自の生態系を築いてきた未確認生物なんだと思いました。

そう言えばゴリラも割と近代までは未確認生物扱いだったとか。

ビッグフットと言う名称が我々日本人を混乱させますが、要は二足歩行する全身毛に覆われた謎の霊長類の事を指していると思ってください。
それにしても、アジア圏それも割と日本に近い地域での目撃情報に今後期待です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る