隕石か?核爆発か?ツングースカの大爆発

ツングースカ爆発

ロシア帝国ツングースカ上空で発生した謎の大爆発

オカルトやミステリー好きな人は聞いた事もあると思いますが、今なおその手の書籍にも必ず登場する謎の爆発事件がツングースカ大爆発事件です。
ツングースカと言う名称は、地名ですね。

現在のロシア連邦クラスノヤルスク地方に該当するこの場所で、今から約100年程前に発生したこの爆発事件の原因も含め、色々な説が出ています。
興味深いのは、その特異な状況などもあり、先ほど書いた様にオカルト的な側面の説もあり、また宇宙人関連の説もあったりしますね。

先ずはツングースカの大爆発の概要を見て行きたいと思います。

ロシア革命の数年前に起きた超常現象

この事件が起きた正確な日時は1908年6月30日と言われています。
爆発と言うと、ツングースカ地方に何かが激突してその衝撃の事を言っているのかともお思いでしょうが、実際は地表に近い上空で爆発したと見られています。

直接何かが地球にぶつかったわけではないんですね。

しかし、その威力たるや中々の物だったようで、森林地帯を半径約50km辺りを焼き尽くし、それよりも遠方まで木々をなぎ倒しています。
爆心地と見られている場所から1000キロも離れた家屋の窓が割れた事象も確認されていて、この一連の距離の数字をみるだけでもかなりの事件だと言う事は分かりますね。

当時爆発で発生したキノコ雲も目撃されていて、数百キロ離れたイルクーツク地方では衝撃による地震も観測されています。

日本では日露戦争を終えて間もなくの頃で、すぐに有名になった事件ではないですが、時間の経過と共に調査の内容が明らかになってくると一気に有名になった感じがあります。

人的な被害は皆無だった事も重要ですが、これは爆心地が住居が無く主に森林地帯だったことが功をそうしてます。
もう少し市街地だったり、それこそ首都近辺で起こっていたと思うとぞっとしますね。

後の調査で、爆心地はその衝撃波や焼けた跡がまるで蝶の様な形に見える事から、ツングースカ・バタフライと言う名称もつきました。

ツングースカ大爆発のその後の状況

これだけ大きな爆発事件がユーラシア大陸で起きていた事も驚きですが、一連の調査は時勢も関係してすぐに行われる事はありませんでした。
現実的に革命などにより人員を割ける状態ではなかったと言えるでしょう。

爆心地付近では、そのご時間の経過した後昆虫や植物の生育に問題が認められるようになります。
つまり、突然変異的な傾向が多く見られるようになってしまったと言う事です。

その他地表付近では自然に発見する事が極めて少ないイリジウムと言う元素も多く見つかっています。
この事から、まずは地球外の何かに起因する爆発と見る向きは早い段階で固まりました。

ちなみに先の理由などで初めて調査が行われたのが実に事件発生から13年も後の事です。
鉱物学者レオニード・クーリックを中心とした、ソ連科学アカデミーによって正式な調査が行われたのです。

主に聞き込みから始まったこの調査、実に多くの人が当時空を落下してくる謎の火球を目撃した事が判明しました。
中には合計20回もの爆発音を耳にした人もいたようで、やはり当時上空からの落下物が何かしらの要因で爆発した事が原因見られています。

しかし、近年まで隕石のかけらと思しき物などが見つからなかった事により、調査は明確な物証を提示する事ができないまま暗礁に乗り上げます。
ここがポイントで、こうなると出てくるのは「宇宙人の母船が落下した」と言う説や、「宇宙船からの砲撃」と言った物を唱える学者も沢山出てくる事になります。

まあ、ロマンがあって後押ししたくなる気持ちは分かりますが。

ツングースカ大爆発の原因解明

実に事態が大きく動いたのが2013年の事です。
ここにきてようやく隕石の破片が発見されたんですね。

これにより、当初の目論見通りツングースカの大爆発は隕石の落下によるものだったと結論づけられました。
この調査はウクライナ、アメリカ、ドイツ等が加わりかなり大がかりに行われたようで、内容の信憑性も高い物と言われています。

発見された隕石の破片=鉱物の中身としては主にダイヤモンド、ロンズデーライトが含まれていました。
我々にはあまり馴染みの無い話かもしれませんが、きっと当人たちにとっては非常に大きな発見だったんでしょう。

爆発原因をまとめると、

  1. 宇宙から隕石が飛来
  2. 地球に衝突する軌道に乗る
  3. 地表にぶつかる前に空中で爆発

と言う流れになります。

昔から個人的に不思議に思うのは、「何故爆発したか?」と言う事ですね。
詳しくは無いですが科学的な面で捉えた場合、地球に衝突する以前に空気の層に遮られ、それに耐えきれない形で爆発を起こしたとイメージも出来ますが、昔何かの本で読んだ中に興味深い話が書いてありました。

何でも、衝突を察知したツングースカ付近の地中に住む地底人の防衛システムで撃ち落とされたと言う説です。
何とも荒唐無稽な話と思いますが、一説にはツングースカの森林地帯を散策していると突如丸型の建造物が有る事があり、まるで地中へと続くようにドアなども付いている物に遭遇する事があるみたいです。

事の真偽は置いておいて、建造物なのに「遭遇」と書いたのには次に同じ場所に来た際には無くなってる事が多いからです。
どう言う事かと言うと、ランダムで出現するドラゴンボールのホイホイカプセルから出現した家の様な物があちこちで目撃されてると言うんですね。

仮にその中に入って行くと地底人の住む地域まで到達できるとか出来ないとか・・・。
眉唾な話ではありますがどうなんでしょうね。

しかし、本当にこの地域の地中に高度な文明を誇る何かが居て、当時地球に近づいた隕石を迎撃してたとしたら一気にロマンあふれる話になると思いますが。

今回は久しぶりにミステリー調なテーマを元にしましたが、これからはこの手のジャンルも増やして行こうと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る