トゥーラ遺跡

戦士が持つのは火炎放射器か

ここ最近で有名になってきた超古代文明の遺産で、メキシコトゥーラ遺跡が注目を集めています。
南米の文明に見る装飾で彩られたこの遺跡の中に、どう見ても銃を携えた戦士の像があると言う事で話題になりました。

もちろんこの遺跡が作られたとされる時代に銃火器は存在しません。
デザイン的にも洗練されたその銃と思しきものは、まさに現代の物といっても差し支えないような印象すらあります。

この部分が特に有名になり、新たなオーパーツとして人気になっているんですね。

トゥーラ遺跡とは?

「トゥーラ」と言う言葉は現地の意味で「都市」とか「」と言うニュアンスがあります。
厳密にはトゥーラ遺跡はトゥーラ=シココティトランと言いますが、日本では単純にトゥーラ遺跡と呼ばれる事が多いようですね。

この遺跡の歴史は、当時南米で最大の都だったティオティワカンに起源を持ちます。
この都が崩壊したのち、現在のメキシコ各地に末裔が散り散りに移り住んでいくんですね。

そうして出来た最大都市がトゥーラになります。
メキシコシティから1時間半ほど車を走らせると到着するこの遺跡では、主にピラミッドBと呼ばれる建造物と、トラウィスカルパンテクートリ神殿があります。

そして問題の銃を携えた戦士の像が4体屹立し、一見すると荘厳な遺跡となっていますね。

時代考証としては10世紀前後からこの地に遺跡が建てられ始めたと言われていますが、主神とも言えるケツァルコアトルは元々このトゥーラを主城としていたと言われています。
伝説では、敵神テスカトリポカの奸計にはまりこの地を追われたケツァルコアトルは、一年に一度帰ってくると言う伝承もあります。

ピラミッドの上の戦士は宇宙人か

アトランテス

頂上の戦士像
出典:http://www.explorandomexico.com.mx/

問題の戦士の像4体は、ピラミッドBの最上段にあります。
エジプトのピラミッドと違い、南米のそれは頂部が平坦になっている事が多いのですが、そこに間隔に像が配置されています。

半分は像と言うよりも石柱の様なフォルムに近いですが、まるで高い位置から辺り一帯を守護しているようにも見えますね。
この戦士像の事をアトランテスと呼びます。そして、目を引くのが右手に持った銃の様な装飾ですね。

抜き身と言うよりは腰に付けたホルスター内に銃が収まっていて、それに手をかけているようにも見えます。
否定的な専門家の意見としては、銃ではなく投射機だと言う事で、この器具を用いて敵に石などを投げる時に使う物だと言う事ですね。

戦士像の銃

銃に見える部分
出典:http://nandiperu.com/blog/otra-paiz-viaje/mexico-tula/

ちなみに付近の石柱のレリーフにはこの銃火器と思しき物から炎を噴射している姿も彫られています。
独特な形状の南米のレリーフですから、見方によってはそう見えてしまう事もあるのかもしれませんが火炎放射器の様な物を持っていたのかもしれません。

超古代文明フリークとしては、是非ここは「宇宙から来た人が光線銃を持っている」となって欲しい物ですが、その他の南米の文化を築かせたと言う宇宙人との関係も浮かびますね。
古来地球に宇宙人が飛来したとされる地はエジプト、シュメール、南米、中国と言われていますが、特に南米の文化は調べるとそれっぽいレリーフが出てきたりするなどむ胸アツなんです。

他の星から持ってきた高度な文明で出来た銃火器だったらと思うとロマンが膨らみます。
そして、その威力を目の当たりにした住民が、そのインパクトを装飾に盛り込んだと考える方が自然ではありますね。

戦いの匂いが付きまとうトゥーラ遺跡

トゥーラ遺跡自体で大きな戦があったと言う記録は確認出来ませんでしたが、色々調べていると遺跡自体戦いに関するモチーフが多い気がします。
先にも説明したケツァルコアトルとテスカトリポカの関係も有名ですが、神殿に祭られているトラウィスカルパンテクートリと言う名の神様も「破壊神」です。

このトラウィスカルパンテクートリ、明けの明星=金星を擬人化した神様と言われており、これは堕天使ルシファーが持つ属性と一緒ですね。
日本でもアマツミカボシと言う金星をモチーフにした悪神がいますし、古来より金星は多くの文明で悪の象徴とされてきた事になります。

南米と中東、そしておなじく遠く離れた日本で似たような伝承があるのはやっぱり不思議ですね。
ここにも超古代文明の名残があると感じてしまいます。

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2016/06/03
当記事の無断転載は禁止しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る