南アフリカ沖の未確認生物トランコ

トランコ

水棲未確認生物でありながらその外見が他のUMAと一線を画すのがトランコです。
通常水棲型の未確認生物は、大きく分けて二種類の外見に該当します。

一つはレイク型とも呼ばれるネッシーやチャンプに見られるような、一見すると恐竜プレシオサウルスの生き残りとも言われるような長い首と太い胴、背中にコブがあるようなタイプ。

もう一つはシーサーペント型と呼ばれる細長い体で左右に体をくねらせて泳ぐようなウミヘビ型です。

実際はこの二つに該当しない物もいますが、何かしらの既知の生物に外見を形容する事が出来る事が殆どですね。
これに該当するのがホラディラや、カッシー等でしょうか。

今回ご紹介するトランコは、上記のどれにも該当しないような一風変わった外見をしています。
先ずそこから見ていきましょう。

コミカルにも映るトランコの外見

実際に1922年に南アフリカの海岸に打ち上げられた死体を元に外見のスケッチや証言も数多く残っていますが、特筆すべきは像のような鼻が付いていると言う事ですね。

体長は約15メートル程と巨大ですが、この鼻に関しては1.5メートルから2メートルもあったと言う事ですから、本当に像の鼻に似ていますね。
そもそもトランコの場合頭部が良く分かっておらず、この長い物も鼻に該当するかは分かりませんが、直前の目撃情報だと海岸近くの海中で二頭のシャチと格闘しているようです。

その際に、その鼻のような長い器官を敵に叩きつけて応戦していたようですので、頭部側の何らかの器官であることは間違いないと思いますが。

他の特徴として、全身が真っ白な長い毛に覆われていたようです。尻尾もロブスターのそれに似ているようですよ。
海の生物で毛に覆われていると言う生物はなかなかいませんから、これも非常に珍しい特徴と言えるでしょう。

ちなみに、この時砂浜に打ち上げられた死体に関しては、あまり深く研究、調査されなかったみたいですね。
くぅー、やきもきするー。wwww

既存の生物には該当しないトランコ

トランコと言うネーミングは、元々象の鼻の事を英語でトランクと発音するところから来ています。
なかなかに認知されそうな素晴らしいネーミングだと思うのは私だけでしょうか。

その変わった外見から、例えば太古の生物の生き残りと言うのは逆に無いかなと思います。
ウバザメやゼウクロドンと言うのも全身の毛が該当しません。
体長を加味して考えると、既存の生物ではクジラ等の生態に近いのかなとも思いますが、如何せんその鼻の様な器官が説明が付かない。

よって、現在ではトランコの正体に関しては完全に今まで発見されていなかった生物と言う見方が強いです。

調べてみましたが、可能性がありそうな生物としてはインドの海域にマカラと言う名のヒンドゥー教の海の魔物を模した名前の生物がいるようです。
UMAファンと言うサイトで読みましたが、下記に引用として貼っておきます。

トランコは現世の生物はおろか、古生物の世界に目を向けても類似した特徴を持つ生物がいないため、『未発見の生物』と考えるほかない生き物です。

後にも先にもトランコが人の目に触れたのはこの一度限りです。ただし、この首とも鼻とも解釈できる器官が、鼻であった場合に限り、UMAの世界では類似した生き物が目撃されています。マカラです。

マカラはインド沖で目撃されるゾウに似た頭部を持った海棲生物です。トランコはマカラのように頭部がゾウに似ているわけではありませんが、マカラも本当に頭部がゾウそのものなのかは分かりません。マカラは、頭部にゾウの鼻ような長い器官を持った生物を見て、インドの人たちにとってなじみ深いゾウにたとえられただけかもしれないからです。

いずれにしろ、トランコとマカラの関係も定かではありません。もう一度人の前に現れる以外、トランコの謎は闇の中、といった感じです。

 

こんな感じで謎の多い未確認生物がトランコです。
とにかく鼻の部分が気になる・・・。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る