モアイ以前の土着の神様タンガタ・マヌ

モアイで有名なイースター島
その強烈なインパクトおかげで影が薄くなっていますが、もう一つこの島で有名な物にタンガタ・マヌが存在します。

昔から他の国の文化に属さない事から独自の進化を遂げたこの島の伝説に登場するようですよ。

タンガタ・マヌと言う名称はどちらかと言うと後になって付けられた別称の様な物で、当時はそのまま「鳥人」と呼ばれていたようです。
その名の通り人と鳥が融合したかの様な外見をし、長いくちばしを持っています。

分かっている事は、古くはこの島で鳥人を祀ったお祭りも開催され、それらを含めてタンガタ・マヌに触れたと思われるペドログリフ(岩の彫刻版)も発見されています。

タンガタ・マヌは神様の使いか

タンガタマヌ

タンガタ・マヌ
出典:http://imaginaisladepascua.com/

個人的に不思議なのは、鳥人と敬われる割には翼を持っていると言う描写は少ない事ですね。
人間の様な体格に、長く下方向に曲がった嘴をもつタンガタ・マヌですが、それ以外の外見的特徴は特に無いのが逆に特徴かもしれません。

本来どの国の神話や伝説にも鳥をモチーフにした神様や怪物は登場しますが、それらとは少し毛色の違う存在の様です。

日本では八咫鴉、中国では鳳凰、ギリシャではハーピーの他にも鳥をモデルにした生物は山の様にいますが、タンガタ・マヌはどちらかと言うと神性の強い象徴のような感じでしょうか。
元々モアイよりも古くに、イースター島にはラパ・ヌイ神話と言う物があり、その中に登場します。

この事からも、本来土着の神でもあり、隔絶された島から外の世界とを結ぶ橋渡し的な意味合いも込められての神様だった様ですね。
他にも豊穣祈願の側面も持ってたりします。

読めない文字ロンゴロンゴ文字

更にイースター島で有名な物はロンゴロンゴ文字と呼ばれる解読不能の言語です。
これは、タンガタ・マヌやモアイとワンセットで語られる事が多いですが、この島独自の言語であり現在でも解明されていない文字です。

どうやら横書きの文字は最上段右から読み始め、次の行に移ると今度は左側から読み進めると言う具合の謎多き言語ですが、100%解明されれば上記の謎に関する情報も沢山出てくると言われています。

モアイを始めとして、イースター島の歴史は謎が多く、モアイの建立の意味や運搬方法なども明確に解明されたわけではありません。
この島が廃れてしまった理由は疫病の蔓延とも言われていますが、16世紀には民族間で内紛も勃発し、お互いモアイを倒すなどのやり取りが行われたと見られています。

その後、島民に再度あがめられるようになるのがタンガタ・マヌです。
この段階では、再度土着の古い神様を讃えましょうと言う風潮になったらしく、主神マケマケと共にタンガタ・マヌは日の目を見る事になるんですね。

謎の多いタンガタ・マヌと他の文明との関係は

マケマケ

マケマケとタンガタ・マヌ
出典:https://ja.wikipedia.org/

この様に岩の彫刻にその姿を見る事が出来たり、名前も判明しているタンガタ・マヌですが、結局の所鳥人と言う事以外は殆ど分かっていないのが実情です。
当時の島民に神聖視されていた事もそうですが、いかんせん記録は残っていないので現在ではモアイと同じくイースター島の謎の一つでもあります。

この島から離れたインカ帝国に登場する鳥の神様と同じものだとする説もありましたが、これは現在では否定されているようですね。
それよりもハワイを中心としたメラネシア地方では古来より鳥を崇拝するケースが多く、タンガタ・マヌも同様に神性を持たされた鳥としてあがめられていたようです。

イースター島の場合、近くに島が無い事から滅多に外部の人とやり取りをする事は多く無かったんではないかと推測されますが、どこかのタイミングで他の島にも伝わる鳥の神様のイメージが流入したんでしょうか。

もしくは逆で、ひょっとするとイースターから出て行って他の地域でも見られるようになったのがタンガタ・マヌかもしれませんね。

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2016/04/18
当記事の無断転載は禁止しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る