コーカサス山脈の雪男が過去に生け捕りにされていた

コーカサス山脈の雪男

雪男は類人猿型の未確認生物

コーカサス山脈はロシアの北部に位置する有名な山岳地帯です。
古くからここにも類人猿型の未確認生物、いわゆる「雪男」の存在が信じられてきました。

雪男と言えばヒマラヤに出るイエティも同じ種類だと思いますが、同じユーラシア大陸の同じような地域にも生息しているのかもしれませんね。

ロシア側では「アルマス」とも呼ばれるこの類人猿型の未確認生物は、何と12世紀前後から目撃情報があるようです。
今日まで特異な環境下で生態系を作っていたのかと思うと、何とも言えない気持ちになりますね。

雪男の身体的特徴

他にもアルマ、アルマスティ、クシジーク、カブタールとも呼ばれることもあるこの未確認生物は、身長が約2メートル前後、予想される体重は200キロにも及ぶと言われています。
特筆すべきはその体毛で、長さ10センチ以上もの赤い毛が全身を覆っています。

腕は長く、逆に足は短い様ですが、イエティ、ビッグフット共にこのタイプのUMAはどれも怪力のイメージがありますね。
又、雪男と呼ばれていてもその性別に関してはメスも含まれます。

確かに考えてみれば生態系を築くには男性と女性が必要です。
12世紀から連綿と子孫が繁栄してきたのであればそこには人間と同じような繁殖形態の生物がいると考える方が自然です。

現在までその正体はもちろんの事、何頭ほどの雪男が生息しているかも把握はされていませんが、憶測でも現状判明している部分としては、

  1. 二足歩行する生物
  2. 男女の性別がある
  3. 生態系を築いている
  4. 全身が赤毛で覆われている
  5. 腕が長く足が短い

と言う特徴が挙げられますね。

生け捕りにされたザナ

興味深い記録ですが、1850年代には生け捕りにされたメスの雪男の記録が残っています
コーカサス山脈からそう遠くない地での出来事ですが、ザナと名付けられたこの雪男(性別的にはメス)にまつわる様々な記録が残っています。

生け捕りにされたザナ

ザナの似顔絵 出典:http://www.bigfootencounters.com/articles/zana2.htm

捕獲された場所はコーカサス山脈の様ですが、その後トキナ村と言うアブカズ自治共和国内の村に連れてこられたザナは一般的な家屋ではなく、専用の穴を掘ったような空間で生活をしていたようです。
要は家畜などと似たような扱いだったと思いますが、重い荷物も片手で運んだとか、荒れる川を平気で泳いだ等の話もあり割と奔放に生活させてもらえてたのかもしれません。

一説には、物珍しい事もあり色んな村に売られた様ですが、驚くべきことにこのザナ、子孫も残しています
人間との混血児を生んだと言う事ですから、仮にこれが真実だとすると大変貴重な話だと思います。

2男2女を生んだと言う説もありますが、近年この内のクイットと呼ばれる男性の子孫の頭蓋骨が発掘されました。
何でもイゴール・バルツェフと言う専門家が長年ザナの足跡を追っていたようです。

問題の頭蓋骨が発見されたのがやはりトキナ村だったと言う事ですが、残念ながらザナ本人の頭蓋骨は見つからなかった様です。
その代わり、息子と目されたクイットの頭蓋骨は発掘されたようです。

そして、事態はここから更に急展開をします。
今年に入ってその頭蓋骨のDNA検査の結果が出た様ですが、なんと、西アフリカ系の遺伝子が含まれていたと言うのです。

保険として現在も生きている他の子孫とされる人たちの人体からも検査をしたようですが、それらと複合した結果、大元の母体であるザナの遺伝子情報まであらわになったと言う事ですね。
これは非常に興味深い話です。

クイット

息子のクイットの似顔絵 出典:http://gaizy.hubpages.com/

雪男はアフリカからユーラシアに渡ってきた?

ザナは1890年付近に死亡してしまったと言う記録があります。
単純計算ですが、その息子のクイットは割と近世まで生きていた可能性が高いです。

そうなると、逆に今日まであまり情報が世間に出ていないのが不思議なぐらいですね。
特にコーカサス山脈付近の生物ではこの様にアフリカに起源を持つ生物と言うのはいないようです。

確かな事は、ザナや雪男達の先祖は大昔にアフリカ大陸から渡ってきて、コーカサス地方に住みついた生物と言う事です。
これは、結果的にヒマラヤのイエティやその他ヨーロッパも含むユーラシア大陸の類人猿型の未確認生物の正体に近づいたんではないかなと思います。
少し前にはイエティの毛をDNA検査したところ、熊の物でしたと言うニュースもありましたがどうなんでしょう。

未確認生物フリークとしては何かしら生息していると思いたい所です。

何でも一説にはここ数年前からアルマスと呼ばれるロシア側の雪男達はその活動を活発させてるとの事です。
ビッグフット、イエティ、野人と比較してもこのアルマス=雪男が最初に正体が判明するかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る