架空のUMAスウェーデンのスクヴェイダー

スクヴェイダー

線引きが複雑な珍しい未確認生物スクヴェイダー

スクヴェイダースウェーデンに存在する架空の未確認生物です。
架空と言うのは実在しないのかと言う事になりますが、何というか伝承やジョークも入交り、何とも複雑な立ち位置になってしまっています。

日本ではあまり有名ではないスクヴェイダーですが、とかくスウェーデンでは有名なUMAで過去にはバスや博物館付近の標識になったりしています。
ユーモアも過分に含んだ身近な架空の生物ですが、日本で言う所の河童の様なイメージでしょうか。

スクヴェイダーの特徴

まずスクヴェイダーと言う名前の意味はスウェーデンの言葉で「鳴く」「ライチョウ」と言う二つの単語を組み合わせた物に由来します。
言葉遊びと言うか単語をもじって二つくっつけたものなんですね。

と言うのもこのスクヴェイダー、全身の半分はウサギ、もう半分はオオライチョウと言う出で立ちなんです。
具体的に言うと顔と前足と後ろ足はウサギで、背中にライチョウの羽が付いています。

この手の合成中を昔のギリシャ神話になぞらえてキメラとも言いますが、正に色んな二種類の生物の集合体なんですね。

スクヴェイダーの起源とは

他の未確認生物と決定的に違うのはあらかじめ作られた生物だと言う事です。
時は1900年代初頭の事、スンツゥバルと言う町のとあるレストランで男性が語ったホラ話が発端になります。

ハンターをしていたこの男性の名前はホーカン・ザネマークです。
彼が依然狩りの最中に仕留めた珍しい生物の話を創作で作ってレストランの客に話した所非常にウケが良かったとの事。

そこで気分を良くしたかどうかは分かりませんが、それからも口頭でスクヴェイダーは浸透していったんでしょう、何年かして自分の誕生日に当時の家政婦の甥がスクヴェイダーの絵をプレゼントしてくれました。

1912年、ホーカンの死に際してこのスクヴェイダーの絵を地元の博物館に寄贈し更に万人の目に触れる事となりました。
推測ですがここでもスクヴェイダーは好評を博したんでしょう、当時の博物館の館長カールは知り合ったばかりの剥製師ルドルフに絵を見せて事の経緯を説明しました。

スクヴェイダーの剥製を作ってもらうためですね。
こうして絵の他にもウサギとライチョウをミックスさせた未確認生物の剥製は完成し、博物館の目玉となったんです。
冒頭でも書いたスクヴェイダーの標識はこの博物館の近くにあり、ジョークではありながら訪れる人の目印にもなり更に有名になっていきます。

スクヴェイダー標識

スクヴェイダー標識

スンツゥバルでの名所の様な感じだと思いますね。

スクヴェイダーはユーモアとメルヘンの創作物だった

こうしてスクヴェイダーと言う名前は現在にも残る物となったんですね。
今では振り切った存在として、存在しないUMAとしての代表格でもあります。

けれどネームバリューはあり、その存在自体は多くの人が知っていると言う他に類を見ない独特の立ち位置になってしまいました。

不思議な物で、あらかじめ存在しない未確認生物と言われても嫌な気はしませんね。
「こう言う話もあったんだ」と言う感心すら覚えます。

恐らくウサギの愛嬌が強い事からかわいさが勝ってしまっているんでしょう。

日本でも河童や人魚のミイラと言ってグロテスクな物を見た事があると思いますが、あれも実際は当時専門の知識を持った人が色んな生物を繋ぎ合わせて作った物です。
人の注目を集めるには目新しい手法だったんだと思いますが、江戸時代と近しい年代に北欧でも同じような事が行われているのも何だか不思議ですね。

画像参照:https://ja.wikipedia.org/

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る