オーパーツ?サラマンカ大聖堂の宇宙飛行士

サラマンカ大聖堂

素性が判明したオーパーツ

サラマンカとはスペインのカスティーリャ・イ・レオン州に存在する都市です。
大学街として有名であり、歴史もある都市ですが、そこに存在する大聖堂のレリーフに謎のオーパーツがあると話題になった事があります。

問題のレリーフが存在する大聖堂は「サラマンカ大聖堂」と言う名で、観光地としても有名ないわゆる一般的なカテドラルです。
では、謎のレリーフとは一体何を彫り込んだ物なのかと言うと、なんと宇宙飛行士の姿が彫り込まれているんですね。

どこからどう見ても宇宙飛行士

画像を見てもらえば分かると思いますが、どこから見ても宇宙飛行士にしか見えません。
頭をすっぽりと覆うヘルメット、首のあたりに見える酸素救急用のチューブ、靴底の模様までが近代的です

背景こそ自然エネルギー的な物をモチーフにした彫り物の様な物が配置されていますが、明らかに前面に人間が宇宙服を着ている状態で存在しています。

黄金ジェット等の様に、オーパーツとして有名な物の中にも実は自然界の物をモチーフにしたと言う物も多くあります。
要は物の見方の問題と言う事ですね。しかし、今回のサラマンカ大聖堂の宇宙飛行士は誰がどう見てもそれにしか見えない事も一つの特徴と言えるでしょう。

建造された時代に宇宙飛行士は存在しない

その時代に存在しないであろう物がそこにある。これこそ正にオーパーツの王道とも言えますが、サラマンカ大聖堂が建立された時代は11世紀の事の様です。
今から1000年程も前の大聖堂になぜ宇宙飛行士の姿をはっきりと確認する事ができるんでしょうか。

実はこの「宇宙飛行士のレリーフ」、数あるオーパーツの中でも理由や素性が明らかになっている物なんですね。
厳密にいうと、これによりオーパーツではありません。

しかし、何も知らない観光客が目にすると最初は驚くかもしれませんね。大昔の建造物に近代的な宇宙飛行士の姿があれば違和感は半端ないと言えるでしょう。
では、サラマンカ大聖堂の宇宙飛行士にはどの様な経緯があるのでしょうか。

サラマンカ大聖堂の修復工事

サラマンカカテドラル

大聖堂外観

ネタばれしてしまうと、サラマンカ大聖堂は20世紀に改修工事を行っています。
既にその時点で建立されてから1000年程経過していますので、傷みは相当あったんでしょう。

当時この工事で彫刻を担当した人はジェロニモ・ガルシアと言う方です。

後年このジェロニモ氏が明らかにした事ですが、元の彫刻は既に崩落していて原型が分からなかったと言う事です。
さすがに元の姿が分からなければ、それと同じような物を復元するのは不可能ですね。

代わりにジェロニモ氏は、そこに20世紀を代表するモチーフを盛り込む事にしました。
そうして改修工事が進む中でこの部分には宇宙飛行士が彫られたと言う事ですね。

確かに20世紀を象徴するには持って来いのモチーフだと言えます。
近代的なイメージを代表する「宇宙の探査」と言う物が上手く歴史と融合したとも言えますね。

こうして書いてみると、オーパーツとして騒がれたこのレリーフは簡単な理由で解明されてしまいました。
この背景を知らない人にならオカルトチックな物として騒がれると思いますが、残念ながら近年になって付け足された彫刻だったと言う事でした。

余談ですが、他にも「アイスクリームを舐めるガーゴイル」も彫られていて、こちらも宇宙飛行士と同じく観光の目玉になっているようです。

アイスクリーム

アイスを舐めるガーゴイル

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2016/06/09
当記事の無断転載は禁止しています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る