世界七不思議の一つ!ロードス島の巨像は再建されるか!?

ロードス島の巨像

古代の哲学者、フィロンのまとめた世界七不思議と言う建造物達があります。
現存しているものはその内エジプトのピラミッドのみですが、今でも沢山の人のロマンを掻き立てる題材として様々なジャンルに登場しています。

 

七不思議の一つロードス島の巨像

今回ご紹介するロードス島の巨像は、その七不思議の内の一つですが、他の建造物と少し趣が違いますね。
似たような七不思議の中の巨像にはオリンピアのゼウス像がありますが、ロードス島の巨像との一番の違いは座っているか立っているかですね。
立っているのはロードス島の巨像の方ですが、ネット上でググるだけでも色々な芸術絵画が出てきます。

コロッサス

紀元前三世紀に、エーゲ海のロードス島と言う所に建てられたこの巨大な像のモデルは、太陽神ヘリオスです。
ギリシャ神話に始まり、特にヨーロッパでは沢山の太陽神がいますが、戦勝記念の意も込めてこの神様にささげるために作られました。

その大きさたるや台座も含めると約50メートルもあったと言う事ですから、イメージ的にはニューヨークの自由の女神と同じぐらいのサイズ感でしょうか。
紀元前の人々の間でその大きさの巨像を建てる技術があった事にも驚きです。

ちなみに幾つかの名称があって、ヘリオス像やアポロンの巨像とも呼ばれる事もあります。

建立に至った流れとしては、当時地中海沿岸の国は結構カオスでした。
特にマケドニア帝国は後継者の問題から分裂をくりかえし、一般にディアドコイ戦争と呼ばれる戦いに踏み切ります。

この時ロードス島の人々は、プトレマイオス1世を王に据えたエジプト軍に与します。
紀元前305年に、ロードス島に約4万人の軍隊が派遣されて島を包囲しますが、結局上手く行かず撤退したようですね。
尚、この時は他の地域は征服する事に成功したとの事ですから、突出してロードス島の攻城戦が上手かったと言う事でしょう。

戦に置いてもこれだけ特筆すべき堅牢さを誇った文化ですから、こうして見ると巨像の建立にもその辺の文明力が関わってるのかもしれませんね。

海をまたいで描かれるロードス島の巨像

そんな荘厳な超古代文明の遺物ですから、中世を始めとして様々な文学や絵画のモデルになってます。
特に昔に掛かれたであろう絵画は一つ特徴があって、良く港の出口で湾をまたぐように巨像が描かれています。

結論から言うと、ロードス島の巨像は湾をまたいで立てられてはいません。
科学的に見ても、またぐ作りにするのであればサイズははるかに大きくないと成立しないからですが、当時の湾の様子も現代では判明していると思うとかなり研究が進んでいる建造物なんですねきっと。

伝説では港口をまたぐロードス島の巨像はその手に焼けた油が入った容器を持っていて、敵船が港に近づくと仕掛けが作動し頭上から油を注いだと言う逸話もあります。
これは恐らく構成の創作だと思いますが、本当だったら面白いですね。

巨像の仕掛け

巨像倒れる!その原因は!?

建立されてから100年も経たない間に、ロードス島に大きな地震が襲います。
その時の揺れで、悲しいかな巨像は膝辺りからぽっきり折れて倒壊してしまったようですね。

すぐに当時の王も再建の案を出しましたが、島民の多くは「神を象った物を作ったから怒りにふれて地震が起きた」と言う意見を持っており断念した模様です。
又、当時の世相は戦争に明け暮れている様な状況でしたから、様々な軍と民族が島に出入りしている間に瓦礫は紛失してしまったようです。
今と違い家屋を建てるにも簡単にセメントなどを作れる時代ではないです。その瓦礫群も次の建造物の一部にされてしまう事が多かったんではないでしょうか。

余談ですが、ロードス島の巨像の再建立計画は1970年から再燃していますが、莫大な費用が掛かる事で現在まで正式に決まっていませんね。
地中海の島に勇壮な巨像があれば観光名所としても大分潤うと思うのですが。

ロードスの巨像再建

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る