未確認生物図鑑~マイナーな水棲UMA集~

イシク・クル湖の怪物

あまり知られていない未確認生物10選

今回の記事は久しぶりに趣向を変えて、あまりメジャーではない未確認生物をまとめてみたいと思います。
いわば図鑑的な物でマイナーな物をメインに紹介していこうと思います。

1、深海に潜むと言われる巨大水棲未確認生物ブループブループ

ブループを見た者はおらず、あくまで「深海に未知の巨大未確認生物がいる」と言う所から言われ出したUMAです。
肝になるのは観測された事があると言う異音ですね。

南米チリの沖合水深4000メートル付近から発生していると言う音を米軍の海洋気象台がキャッチした事に由来します。
一説には深海の方が宇宙よりも探索が進んでいないとも言われますから、この様な生物が生息していても不思議ではないと言う事になります。

史上最大の大きさを誇るUMAブループ


2、スウェーデンのストゥール湖のストーシー

ストーシー

スウェーデンのストゥール湖には、ストーシーと言う名の未確認生物がいます。
写真にも収められ、過去には生け捕り作戦も決行されましたが成果はありませんでした。

海外では意外と知られているようですが、日本ではまだまだマイナーなUMAになります。

生け捕り作戦も決行されたスウェーデンのストーシー!結果は?


3、オレゴン州ワラウア湖のウォリー

ウォリー

アメリカのオレゴン州、ワラウア湖に潜むウォリーです。
古くは先住民族の伝承にも登場する歴史ある未確認生物ですが、一説には上記の画像とは違い角の生えた大蛇の様なフォルムと言います。

一応現在でも目撃情報はあり、その昔には先住民の乗ったカヌーを襲ったと言う記録もある事から割と狂暴なのかもしれません。

オレゴン州の未確認生物ウォリーは角のある大蛇!?


4、カナダ、グレート・スレーヴ湖に出現するオル・スレイヴィ

オル・スレイヴィ

北アメリカで最も深いと言われている湖がグレート・スレーヴ湖です。
そこに潜むと言われているのがオル・スレイヴィで、特徴的なのは頭部が竜にそっくりだったと言う点です。

その名が知られる様になったのは2004年と割と最近ですが、なんでも目撃した方が司祭さんだったために信憑性が高いUMAと言われています。

オル・スレイヴィは司祭が目撃した巨大水棲獣


5、三蔵法師も記録に残したキルギスドン

イシク・クル湖の怪物

日本にはあまり馴染みの無い国キルギス。
ここに存在するイシク・クル湖には大昔から龍が住むと言われていました。

中国に近い事もあり、何でもあの三蔵法師も大唐西域記の中でイシク・クル湖とキルギスドンについて書いています。
政治的背景もあり、湖の調査は近年まで行われていませんでしたがその結果驚くべきものが分かったんですね。

三蔵法師も記録したイシク・クル湖の竜キルギスドン


6、ジンバブエの蛇神様ニャミニャミ

ニャミニャミ

アフリカのジンバブエにあるカリバ湖に居ると言われているのがニャミニャミです。
写真に撮られた事は無いようですが、土着信仰の強い近隣では蛇の神様と言われています。

日本で例えると龍の様な存在だと思われますが、過去にはニャミニャミを祀るが故にダムの建設に反対運動が起きる事態にもなっています。

ジンバブエの蛇神ニャミニャミは未確認生物か!?


7、黒海で目撃される巨大水棲獣ブラッキー

ブラッキー

黒海沿岸で目撃される大型の水棲怪獣がブラッキーです。
一説には体長40メートルにも達すると言われています。

しかも研究家によれば、三種類のブラッキーが生息しているらしく、今後も発見される可能性は高いかもしれません。
この未確認生物も欧米圏では有名ですが日本ではマイナーな部類に属してますね。

黒海に潜む巨大な未確認生物ブラッキー


8、ノルウェー、スサーナ湖のクジュラ

Kudulla_b-343x170

北欧の未確認生物クジュラです。
上の写真は偶然観光客が当時ガラケーで撮影した物だと言われています。

ノルウェーのスサーナ湖に出没するクジュラは、昔からその存在が語り継がれて来た歴史あるUMAの様です。
正体は不明のままですが、サーペント系の未確認生物でしょうか。

近接撮影!ノルウェーの未確認生物クジュラは大蛇?


9、獰猛な怪物デビルズレイクモンスター

デビルズレイクモンスター

実在の可能性が極めて高い未確認生物で、アメリカのデビルズレイクモンスターと言うサーペントタイプのUMAです。
非常に獰猛な性格で、先住民族の間でも恐れられた存在です。

湖の名前がデビルズレイクである事から、そのまま名付けられた様ですね。
その昔湖が干上がった際にも、目撃されたと言われています。

恐ろしいデビルズレイクモンスターは伝説の怪物!


10、イギリス海峡で目撃されたチャンネルクリーチャー

チャンネルクリーチャー

イギリスとフランスの間の海峡で目撃された大型の未確認生物がチャンネルクリーチャーです。
目撃者の情報によると、一般的なネッシーのイメージとそっくりだったと言う事ですが、撮影された動画がYoutubeで有名になった事もあります。

昔の書籍で楽しむ時代とは違い、未確認生物もネット上の動画で楽しむ時代になったんですね。

イギリス海峡に現れる大型のチャンネルクリーチャー


いかがでしょうか。
今回は私の独断と偏見で「マイナーな水生型未確認生物」集を書いてみましたが、今後は飛行生物バージョンも書いてみたいと思います。

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2016/06/22
当記事の無断転載は禁止しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る