オゴポゴの頭部

オゴポゴに食べられてしまった夫婦?

以前書いた記事「未確認生物、オカナガン湖のオゴポゴの姿がなかなかエグい!」の中でも書きましたが、カナダのオゴポゴは近年認知度と人気が高くなって来た未確認生物です。

水棲型のUMAと言う事で、ネッシーやチャンプ、モラーグと言った他の未確認生物と似ていますが、今回はアイキャッチ画像にもあるように気になる頭部を近接撮影した画像が見つかりました。

カナダのオカナガン湖に生息するオゴポゴですが、ネッシーなどとは違いどうやらまだ米軍の手は伸びていないようですね。
正体も今だに判明していませんが、それでもマスコットキャラクターになったりする人気のある未確認生物です。

オゴポゴの正体はゼウクロドンか?

オゴポゴ全身像

オゴポゴ最古の目撃記録は1872年まで遡ります。
当時の湖を横断する定期蒸気船の中からスーザン・アリソンと言う女性が巨大な生物を目撃したのが公的に残っている物になりますね。

その後も現在まで何人もの人に目撃されていますが、印象的なのは1974年の7月に近接接近したクラーク夫人の体験談があります。

これは、オカナガン湖で泳いでいた夫人が前方に突如湧きたった巨大な水しぶきを目撃します。
非常に透明度が高い湖と言う事も有り、巨大な怪物と言う事は容易に想像出来たようで、すぐに乗って来たイカダに引き返します。

その最中、水中で脚に巨大な何かと触れた感触があり、恐る恐る水中を見るとクジラの様な体長10メートル以上もある謎の生物を目撃しました。

特徴的だったのは、従来の水棲型未確認生物とは違い長い首が無く、直接胴体から頭部にかけて繋がっている印象だったと言う事ですね。

この事を後に専門家は太古のクジラの祖先、ゼウクロドンでは無いかと判断しました。
ゼウクロドンは既に絶滅したと見られていますが、オゴポゴはその生き残りなのでしょうか。

行方不明になった夫婦の探索にカナダ軍が出動

カラーオゴポゴ

カラーにした物

1991年には、湖でモーターボートが転覆し乗っていたリドリー・W・サムと言う男性とその妻エマが行方不明になったと言う事件が発生します。

この時は休日だった事もあり、非常に多くの人がオカナガン湖にバカンスに来ていて、モーターボートの転覆から夫婦の姿が見えなくなるまでの一連の事象を多くの人が目にしています。

結局、アボッツフォード空軍基地に屯留していたSAR(Search&Rescue)と呼ばれる特殊部隊がヘリで派遣される騒ぎにまで発展します。

このSARと呼ばれる部隊はレスキューに特化していて、雪山での遭難や海洋事故等幅広く活動し成果を上げている部隊として有名です。
日本で言う所の自衛隊がレスキューをしている感覚でしょうか。

現場であるオカナガン湖上空に着いたのは既に事故発生から1時間も経っていたようで、隊員の中にも焦りはありましたが、はやる気持ちとは裏腹にひっくり返ったモーターボート以外は何も目視で発見出来ない状況です。

その時、隊員の一人が奇妙な物を発見します。
それは、現場付近を泳ぐ巨大な生物でした。

オゴポゴの写真は上司に提出された物

モーターボート転覆事故現場付近で泳ぐ巨大な未確認生物を見ながらSARの隊員3人は驚きながら事態を把握しようとします。
一見その巨大な生物はクジラの様にも見えたからですね。

会話の中に出たと言われている物として、
「爬虫類じゃない」
「多分哺乳類だ」
「湖にクジラはいないぞ」と言った物が記録に残っています。

この事からも一見して混乱を招く様なフォルムと大きさだった事が伺えますが、ただちにこの3人の中で一つの意見でまとまります。
それは、

  1. この生物がかの有名なオゴポゴではないかと言う事
  2. 夫婦の乗ったモーターボートはオゴポゴに衝突したのでは?

と言う事です。

その後直ちにヘリ内に常備してある記録用のカメラで撮影されたのが今回のアイキャッチ画像になっている物です。
様は、結果報告書として上司に提出する際に添付された衝撃の写真だったんですね。

その他隊員の一人は自分のカメラでも撮影したようですが、その写真も先の物と一緒に「どうだ」と言わんばかりに提出書類に添付されていたと言われています。

結局夫婦の遺体が発見される事も、陸に打ち上げられる事も有りませんでした。

オゴポゴの真相は闇の中に

写真を見ると口から凶暴そうな牙が数本見て取れます。
他にも顔のパーツの特徴等から爬虫類や魚類ではなさそうですね。

やはりオゴポゴは哺乳類なのでしょうか。
ゼウクロドンがどのような顔をしていたかが判明すれば再度オゴポゴの正体に迫れそうな気もしますが。

話は行方不明の夫婦に戻りますが、後に旦那のほうは株式証券のインサイダー取引に関わっていた事も判明しています。
この事から、転覆事故に見せかけて湖を泳ぎ切り、そのまま逃亡したのではとの意見も出ましたが、現場に駆け付けたSARの隊員は今だに夫婦はオゴポゴに食べられたと信じている様ですね。

仮説ですが、モーターボートと衝突した現場に一時間もオゴポゴが居たのも、溺れる人間を餌だと認識し、まだ他にもこの付近で餌があるかもと待機していた可能性もあります。

年を取って老齢なオゴポゴなら一般的な魚類を追って食べるよりも、溺れてもがいている人間の方が楽だったんではないでしょうか。

最近のUMAとしては、ここまで物的証拠もあるのに正体が判明していないのは珍しいですが、一説にはカナダ政府の背景にはアメリカの政府の圧力も掛っていると言われています。

他の未確認生物と同じで裏から何か情報を入手しているのかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る