ムー大陸

一夜にして太平洋に沈んだ伝説の大陸

ムー大陸と言えば世界のミステリーでは必ず語られる伝説の大陸・文明です。
アトランティス大陸と同じく、かつて存在した高度な文明が海の底に沈んだと言う所にロマンがありますね。

果たしてムー大陸ではどの様な文明が栄え、そして崩壊したのか。
はたまたムーの伝説は架空の物なのか、今回記事にしてみたいと思います。

ムー大陸の概要

一躍その名を世間にしらしめた背景には、20世紀初頭に出版された「失われたムー大陸」と言う書籍があります。
これは、ジェームズ・チャーチワードと言う名のイギリスの考古学研究家が発表したもので、その中で詳細が書かれていました。

ジェームズ・チャーチワード

チャーチワード
出典:http://3.bp.blogspot.com/

ムー大陸は現在の太平洋上に存在し、その大きさは南北5000キロ東西8000キロの広大な大陸だった様です。
ほぼ太平洋の中央に位置し、一説には人類はそこで5万年前に誕生した上で、高度な文明を築いたとされています。

この文明を統治する人物はラ・ムーと呼ばれた神官で、およそ6400万人の住民が暮らしていたとなっています。
非常に資源も豊かな所で、人々も皆平和に生活していたようですが、今から1万2000年前に発生した自然災害により、一夜にして海の底に沈んでしまったと言われていますね。

この「一夜」と言う所が逆に神秘的な感じがし、人々を引き付けるんでしょう。

他地域の文明に見られるムーの痕跡

 

太平洋の真ん中にムー大陸が存在したと言う事を推す説として、有名な所では付近の文明に見る記録等があります。
イースター島のロンゴロンゴ文字や、遠くは南米のマヤも元々はムーから派生した文明と言われた時代があったんです。

確かに、オセアニアには独自のフォルムをした絵文字や、様々な伝承が残っています。
沖縄の海底にも与那国島遺跡と呼ばれる人工物の痕跡がありますが、それらも元々はムーの一部だったんではないかと言われています。

与那国島遺跡

与那国島遺跡
出典:https://ja.wikipedia.org/

広大な大陸だったが故に、その大半が海底に沈んでしまっても一部はそれぞれ海上に島として残り、そこから文明の名残が各地に残っていると言う事ですね。
しかし、この研究に関しては否定的な説を唱える専門家は多いんです。

そもそもチャーチワードがムーの伝説を耳にしたのは、陸軍に所属してインドにいた頃に遡ります。
当時訪れたヒンドゥー教の寺院にて、位の高いお坊さんからナーカルと呼ばれた特別な言語で書かれた石板を見せてもらったと事に起因します。

このナーカルと言う言葉自体には「聖なる兄弟」と言う意味があり、それで書かれた石板をナーカル碑文と呼びます。
その石板の中に、ムー大陸の伝承が細かく書かれていたと言うんですね。

先ほど書いた大陸のサイズ等も、元々はナーカル碑文に書かれていた詳細なんです。

ムー大陸は実在したか

実はムー大陸は空想の産物で、実際は存在しなかったと言われています。
これは主に、海洋地質学の観点からみると、そもそも太平洋に過去大きな大陸が存在した痕跡自体が存在しないからなんですね。

子供の頃、この手のミステリーの本を読んでワクワクしていた人たちに取っては、何とも悲しい現実となっています。
特にここ20年ほどは、ムー大陸はただのファンタジーとしてのレッテルを貼られてしまった感は強かったんですね。

しかし、最近の研究で実はムー大陸だったんではないかと言われているスンダランドと言う古大陸の存在が急浮上してきました。
このスンダランド、厳密には東南アジアに存在したとされていますが、まだ地球が氷河期だった頃は海上にあったと言います。

それが、温暖化と共に海面の高さが上がり、最終的に海の底に没してしまった大陸と言う事までは判明しています。
この氷河期と言う時代を考えると、今から1万2000年前と言う事で、ムー大陸が沈んだ伝承と一致します。

こんな偶然があるんでしょうか。
個人的には出来ればこのスンダランドこそムー大陸だったと思いたいです。

現在ではムー大陸に関する研究は、再度このスンダランドの研究と紐づけられ、一から出直しと言う状況の様ですね。
最近では南極にも古代遺跡があったのではないかと言われていますが、まだまだ謎に包まれた超古代文明が存在していて欲しい物です。

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2016/05/26
当記事の無断転載は禁止しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る