リヴァイアサン

旧約聖書に登場する海の怪物リヴァイアサン

旧約聖書のヨブ記、イザヤ書等に登場する海の怪物がリヴァイアサンです。
体は非常に大きく、地域によっては悪魔とも分類される、宗教学的にも重要な幻想生物です。

ヘブライ語ではレヴィアタンと呼ばれていた者が、英語圏に広まった後に「リヴァイアサン」と発音されるようになりました。
その意味は元々「ねじれた者」と言うニュアンスから来ており、この事からも聖書に登場する時点でクジラや巨大な海蛇などをモチーフにしたんではないかと言われています。

海洋、強大と言うイメージが付きまといますから、現代になっても海にまつわる船舶や兵器の名前などに付けられる事が多いです。
他にもゲームを始めとして映画や書籍にも多く登場しますね。

日本でも割と知られた怪物だと言えるでしょう。

仲間はベヒーモスとジズ

不思議な事にこの巨大な海の怪物を作ったのは神様と言う事になっています。
天地創造5日目に、陸のベヒーモス、空のジズと共に海を総べる怪物として作られました。

ベヒーモスを神自ら「最高傑作」と称しているのに対し、リヴァイアサンは「最強の生物」と形容している事も聖書に出てきます。
体は非常に硬い鱗に覆われいかなる武器でもダメージを与える事は出来ないとされていますね。

後年この部分もフィーチャーされて軍艦や作戦名につけられる事となったんだと思います。
一種の願掛けみたいな物でしょうか。

ゴジラの様に口から炎を吐き、鼻からは熱気でしょうか煙が出ているとの記述もあります。
又、巨体故に周囲の海では波が逆巻き、荒れているとも書いてありますね。

神様が作っただけあって人間にはどうしようも出来ない様な怪物なんです。

世界の終末時にはその体は供物として、ベヒーモス、ジズと合わせて食べられてしまうと言い伝えにはあります。

リヴァイアサンは悪魔?

レヴィアタン

出典:https://ja.wikipedia.org/

海と繫がりが深いリヴァイアサン、初期はクジラやワニ等のディティールが多く見られた様ですが、後年の版画などに登場する頃には大半が海蛇の姿で描かれています。
もともと人間にとって海洋は謎が多い物。

当時は今よりも海に住む生物自体が崇敬や恐怖の対象だったんでしょう。
先にも述べた口から炎が~とか鼻から煙が~と言うのもクジラの潮吹きから来てる気もします。

しかし、聖書の教えが広まって行くと、海蛇の方がしっくり来るようになったんですね。
硬い鱗等はクジラはありませんから、そうなると必然的に蛇の方が割に合うようになります。

他にも、リヴァイアサンが海蛇となった要因として、他の地域の神話や土着の伝説に影響された背景もありそうです。

元々シュメール・アッカドでは「ティアマト」と言う原初の龍が登場しますが、これと関連付けられたり、ヤムラハブと言った龍からも影響を受けたんではないかと見られています。
ユダヤ教やキリスト教は一神教ですから、最終的に神様の威光を際立たせるためにリヴァイアサンも悪魔として捉えられるようになって行きます。

後にカトリックの教えで浸透する「七つの大罪」の中では。嫉妬に該当する悪魔として名を連ねますね。
蛇がウネウネととぐろを巻く姿が人間の醜い嫉妬心になぞらえての事です。

いつの間にか神様の最強の傑作はこうして悪魔になってしまうんですね。

大航海時代にはシーサーペントの元祖として登場

こんな感じで広くヨーロッパのキリスト教の中に登場するリヴァイアサンですから、大航海時代の頃には普通に海にいる怪物として考えられるようになります。
海で遭遇すると、船の周りをグルグルと廻り渦を発生させる怪物と言われるようになります。

ここまで来ると未確認生物シーサーペントの様な扱いですね。
広い海にはまだまだ何か潜んで居ると思われ、現代から言うなればUMAシーサーペントの元祖と言えるでしょう。

大海原を航行中に、大きな海蛇に遭遇したら真っ先にリヴァイアサンだと言われたわけです。
もっとも「シーサーペント」と呼ばれる様になるまでそんなに時間は掛からなかったみたいですが、クラーケン海の司教と等しく海の怪物として身近になってしまいます。

蛇はやっぱり特別な生物か

聖書以外でも蛇と言う生き物は特別な存在感があります。
アダムとイブをそそのかしたのも蛇なら、ドラゴンの原型も同じく蛇です。

この事から、太古より人間は蛇に関して特別な感情を持って居た事が伺えますね。
脱皮する事も生命が循環するかの様な物と捉えられ、ユダヤ教やキリスト教以外でも特別な存在として引き合いに出されます。

ギリシャ神話でもピュートーンウロボロスヒドラ等が登場します。

日本でもヤマタノオロチが有名ですね。
一説にはイブにリンゴを食べる様に促したのは悪魔リヴァイアサンともサタンとも言われるようになります。

悪い物の象徴として登場する事が殆どですが、リヴァイアサンもこうした部分をもれなく持ってると言えるでしょう。

余談ですが、私が小学生の頃にリヴァイアサンと言うタイトルの映画がそこそこ話題になりました。
海洋SFパニックホラーのジャンルでしたが、一言で言うと「エイリアン」を海底を舞台にやりましょうみたいな映画です。

私はそこで初めてリヴァイアサンと言う怪物の名前を知る事になりますが、この映画程よく怖くハラハラし、面白かった印象があります。
まあ、今見たら何てこと無いのかもしれませんが、「海は謎が多いんだなー」と子供心に思いました。

そんな事もあり、未確認生物と少し違いますが、個人的にも思い入れがあるのがリヴァイアサンなんです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る