胡散臭い未確認生物ゴートマン登場!

ゴートマン

ゴートマンはアメリカの都市伝説に登場する様な半人半獣の未確認生物です。
ちなみに英語では半人半獣の事をドッグマンスター等とも言いますが、ゴートマンは体の半分がヤギです。

ここまで書いただけでその異様な姿は想像に難くないと思いますが、ゴートマンを取り巻く背景も又異様です。

ゴートマンは未確認生物か?

主にゴートマンが出没すると言われているのがアメリカのメリーランド州リンスジョージ郡にあるガバナーズ橋付近です。

特筆すべきその外見は頭部がヤギで首から下は筋骨隆々な人間の体となっていて、色は全体的に黒ずんでいるようです。
身長は約2メートルと大柄で、時に手に凶器を持って襲ってくる事もあることから非常に凶暴な性格と言えるでしょう。

古くは1950年代にも目撃情報があり、このガバナーズ橋付近はカップルのデートスポットでもある事から狙われるのは男女ペアが多いようです。
まるでカップルに嫉妬する悲しい半人半獣と言った様子も伺えますが、ゴートマン誕生にまつわる伝説もあり半ば都市伝説と化した生物と言えます。

ゴートマンは遺伝子操作の怪物?

元々ゴートマンが目撃される場所の近くには酪農工場があり、ここの名前を取って時には「ビリワック・モンスター」とも呼ばれる事があります。
まあ、日本的にもゴートマンの方が馴染みがあるというかスッと頭に入って来る感じはしますが。

あくまで噂ですが、この工場では時に軍事の秘密工場としての側面も持っていたようで、工場が廃れた後は本格的にここで遺伝子操作の研究が行われていたとの噂もあります。

結果、ヤギと人間の合成された様なキメラ生物が誕生し夜な夜な徘徊してはカップルや付近の民家を襲っていると言うのです。
この話の出所や真偽は定かではありませんが、ゴートマンを語る上で欠かせない重要なファクターである事は間違いないでしょう。

ゴートマンの名前が世の中に知れ渡るようになったのは実際に襲われたと言う人が稀に出たからです。

古くは1970年に10代の若者たちがハイキングにこの付近を訪れ、その場で惨殺されたと言う事件もあったようです。
逃げ切った男性がその足で警察に飛び込んだ事から事件が発覚したとされていますが、この話も真偽の程は不明です。
実際にこの様な事件があったら今でも大ごとになっていると思いますが、まさか本当にアメリカ軍が絡んでいて事件その物を隠ぺいしてたりして・・・。

この他にも手に持った巨大な斧で車のフロントガラスを割られたと言う人もいれば、そのまま社内のペットの首を切られたと言う人もいたりして少なくとも何かの事件が多発している事は間違いないようです。

気になるゴートマンの正体は?

ここまで書いて疑問なのはゴートマンの正体はいったい何なのかと言う事です。
完全に他の未確認生物とは一線を画しています。

外見はある意味西洋の悪魔バフォメットの様ですし、仮に未確認生物だとしても他の国で似たような生物が表れない以上非常に胡散臭い怪物と言えます。

このサイトのアイキャッチ画像にもしてありますが、一応何年か前にアメリカでゴートマンの姿をとらえたと言う写真も存在します。
ただ、やはりこの写真を見ても分かる通り非常に作り物臭がします。

しかし、1950年代から目撃情報も有ると言う部分を加味すると、昔には何らかの生物がこの地に存在し付近を騒がせた事は確かなようです。
ひょっとしたら本当に軍事工場で作られたキメラ生物が当時は跋扈していたのかもしれません。

ただその当時からも既に50年以上経っている事も考えると生きながらえているとは思えませんね。
映画武器人間やムカデ人間の様に無理やり頭部にヤギを被せられた実験体でもいたのならば話は別ですが。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る