エメラルドタブレットに秘められた古代の叡智とは

エメラルドタブレット

エメラルドタブレットは錬金術の秘宝か

超古代文明の遺物とも言われているエメラルドタブレットについてです。
何とも高級感の漂うネーミングですが、画像検索してみても本当にエメラルドに碑文を書き記したかの様な物が多数出てきます。

元々エメラルドタブレットは錬金術に関する基本的な思想からその奥義に至るまで書いてあるとも言いますね。
錬金術と言うのは科学的な観点から卑金属より金を生み出す学問とされています。

人類史の中でオカルトと科学がここまで密接に結びついた物も珍しいんではないでしょうか。
その究極は賢者の石を生み出し、それによって永遠の命や金を生み出す手法と考えられていますね。

エメラルドタブレットはヘルメス・トリスメギストスが作った

エメラルドタブレットが歴史に登場するのはだいぶ古く、なかば伝説とも言えます。
一説にはギザの大ピラミッドの中に存在したヘルメス・トリスメギストスの墓から発見されたと言われています。

このヘルメス・トリスメギストスと言う人物は名前を直訳すると「三倍に等しいほど偉いヘルメス」と解釈され、古代ギリシャの神様ヘルメスその者と言う意見もありますね。
これがどうやらエジプトの叡智の神トートと結びつき、錬金術の祖とも言われています。

Hermes

ギリシャのヘルメス

三と言う数字自体にも重要な意味があるらしく、現在でも謎が多く実在した人物か定かではありません。
とにかく神秘的な象徴として認知されているだけでなく、数多くいるギリシャ神話の神様の中でも異彩を放っていた事から様々なオカルティシズムにも影響を与えたんでしょう。

最初の発見者も諸説あり、アレクサンダー大王であったり聖書に登場するアブラハムの妻サラだったりします。

エメラルドタブレットの翻訳

現在では最古で最初のエメラルドタブレットは現存していません。
記録によるとアラビア語からラテン語に12世紀頃翻訳されたとありますが、この時点で作成された贋物の可能性も高いです。

時代が下り各世界との交流が広まってくるとエメラルドタブレットの内容と錬金術思想はヨーロッパで華開く事になります。
有名な物では17世紀の修道士アタナシウス・キルヒャーの翻訳した物ですが、錬金術の大御所パラケルススヨハネス・トリテミウスが父親に寄贈したエメラルドタブレットを見て育ったと言います。

錬金術師

錬金術師

錬金術にまつわる有名な一文は「As above so below」で、これは日本語に直訳すると「下のものは上のもののごとく、上のものは下のもののごとし」となりますね。
一見するとなんのこっちゃと思いますが、これは大宇宙と小宇宙の相違点や類似点を示した言葉です。

そう言えば最近この英文がタイトルになったフランス映画がありましたが、直訳するともはや何の映画か見た目で判別がつかないため「地下に潜む怪人」みたいな物になってました。

この思想が大元にあり、特にその後ヨーロッパで哲学などとも密接に結び付き、金を無限に作り出そうと取り組む人が増えたのも有名な話ですね。

エメラルドタブレットは古代アトランティスの遺産か

興味深い話では1925年にメキシコ、ユカタン半島のピラミッド内でエメラルドタブレットが複数枚発見されたと言う記録です。
ミュリエリ・ドリールと言う人がその後書籍で発表した物ですが、タブレットは合計12枚見つかっており、全て写し取って翻訳した後元のピラミッド内に戻したらしいんです。

気になる内容はと言うと、古代アトランティス人のトートと言う名の人物が書いたとされ、

『われ、アトランティス人トートは、諸神秘の精通者、諸記録の看守者、力ある王、正魔術師にして代々代々生き続けるものなるが、今やアメンティーのホールに去り行かんとするにあたり、後世の手引きとせんため、偉大なるアトランティスの強大なる智恵の記録を書きとどめんとす』

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

と記されていました。

これが事実ならとんでもない事ですが、そこはやはりというか疑問視する専門家が多いのも実情です。
仮に超古代文明の代表格であるアトランティス大陸が実在し、後にエジプトを支配してピラミッドを建立したともされるトートも実在していたらと思うとロマンですね。

トート

錬金術のイメージ画

上にも書いた訳文を読むとトートは何度も転生した風にも見えますが、ここまで来ると一気にオカルト色が強くなるのも確かです。

私の様な一介の人間にはすべてが雲を掴むような話だと感じますが、そもそもヘルメスとエジプトの神トートが一緒にされていたり、同じなのアトランティス人が出て来たりと非常に難しい話です。

今後時間を見つけてもっと勉強してみようと思いましたが、エメラルドタブレットは超古代文明の遺産の中でも一際異彩を放っている事は確かですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る