ミステリーサークルの謎と衝撃の事実

ミステリーサークル

80年代ミステリーブームの代表格

ミステリーサークルはその登場時から各メディアで話題になり、ミステリーやオカルトを扱う書籍の表紙にもよく使われています。
実は海外では「クロップ・サークル」と言う名称の方が一般的です。

日本のみミステリーサークルと呼ぶ様ですが、この辺りからも当時のミステリーブームに便乗するためにつけられた感がありますね。

その特徴的な外見から、当初より「宇宙人が作った物」として注目を集めました。
幾何学を思わせる円の集合体と言うイメージがあり、現在に至るまで定期的に海外のニュースでも取り上げられたりしています。

ミステリーサークルを作る原因は何か

クロップサークル

出典元:http://aneka-beritaunik.blogspot.jp/

かねてからミステリーサークルはどの様な手法で作られるのかと言う事が焦点になってきました。
主にイギリスが発生個所としては断トツで多いですが、先の宇宙人が関与しているとの見解の他にはプラズマによる自然発生説や霊が作っていると言ったオカルトめいた物まで登場します。

この辺の謎が深かった事もミステリーサークルの人気の火付けに一役買っていると思われますが、いかんせん見た目のインパクトが大きい事も挙げれそうですね。

様々な研究者が調査に訪れ、日本でもよく特番が組まれていた物です。
殆どのミステリーサークルは朝起きると出来上がっている事から、夜間に何らかの方法で作られていると言う事以外はほぼほぼ不明な点が多かったんです。

そんな中、90年代に入ると衝撃の事実が発覚し世の中を席巻します。

幾何学サークル

出典:http://www.nouvelordremondial.cc/2

ミステリーサークルを作成した人達

当時イギリスに住むデイブ・チョーリー氏とダグ・バウワー氏が、「自分たちがミステリーサークルを制作した」人物としてメディアに名乗り出たんです。
まだまだ懐疑的だった人たちの目のまで、実際に簡単な道具と二人の人力により短時間で制作する方法も実演しました。

これにより、研究者達が公表してきた数々の仮説は一気に覆される事になったんですね。
ポイントは、

  1. 短時間で出来る
  2. 簡単な物なら2人で十分
  3. 大がかりな道具はいらない

これに集約されると思います。
当初よりこの三点が「不可能」とされて来たので、逆にここがクリアになってしまうと一気に謎は解明されたも同然だったんですね。

サークルを作った人物

出典:http://www.psychedelicadventure.net/

この二人の高齢の男性は、ミステリーサークルが大きく取り上げられるようになると喜び、次の制作への意欲を増していたようです。
やはり人目につかない夜間を選び、時には車で遠方まで出かける事も多かったと言います。

毎週定期的に出かける夫をいぶかしんだ妻に説明したところ、後にこの妻も参加し3人で作っていた時期もあったようです。

告白に至った経緯としては、あまりにも有名になったミステリーサークルはいよいよ国も本腰あげての調査に乗り出したからでした。
そこに多額の税金が使用される事に心を痛めたダグとデイブは、こうして世間に告白する事に決めたんですね。

余談ですが、一連の告白を経て彼らは92年に「イグノーベル物理学賞」を受賞したそうです。

多発した模倣犯

これと前後して、ミステリーサークルをイタズラ目的、または芸術活動として同じように制作する人間は増えました。
“最初の二人”はパイオニアだった事もあり、農場主に損害賠償を請求された事もあったようですが逆に宣伝のためにと制作依頼される事もあったようです。

老人がアナログな手法で作業していたと言う事も大きなポイントだと思います。
世間は概ね二人には寛容だったんですね。

しかし、それが不特定多数の人に飛び火して行くと迷惑行為として取り上げられるようになります。
実際全部のサークルが二人だけの制作で無い事は確かです。

それほど数が膨大に上った事と、一つのサークルを団体でこっそり作るケースも出てきました。

この頃にはミステリーサークル=イタズラと言う事で世間の熱も冷め、日本のテレビでも取り上げられる事も少なっていきます。
急激な盛り上がりと低下を見せる事になってしまいました。

実はミステリーサークルは古代から存在する?

色々調べみると、およそすべてのサークルが人的な物と思うのは早計な気もしてます。あくまで個人的にですが。
興味深い事に、イギリスでは17世紀の古文書の中にもミステリーサークルは登場します。

この時は、悪魔が草を円形に刈り取るとして紹介されていて、ずばりそのまま「草刈り悪魔」と呼んでいた事も分かっていますね。
これは偶然でしょうか。

草刈悪魔

草刈り悪魔
出典:https://ja.wikipedia.org/

ひょっとしたら当時から存在してた可能性もあるかなと思います。

私もミステリーサークルに大きなロマンを感じていた子供だったので、「絶対宇宙人が作った物だ」と思っていた時期もありました。
ただ、近年になればなるほど複雑な形状の物が増えて来たので、中には本当に説明がつかない物も紛れていると思っています。

ソースを開示できなくて恐縮ですが、一説にはグレイ型の宇宙人が地球人に向けて、様々な注意喚起の意味を込めて作っている物があるようです。
そして、その行為自体は他の種類の宇宙人に馬鹿にされていると言います。

真偽の程は定かではありませんが、ググっているとあまりに複雑で綺麗な物も多数出てくるので、やはり裏にある意図的な物を考えてしまうんですよね。
今後も新しいサークルはとりあえず登場するんではないでしょうか。

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2016/04/20
当記事の無断転載は禁止しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る