コカトリスと言うゲームに引っ張りだこの怪物

コカトリス

雄鶏と蛇の合体したヨーロッパの怪物

中世の聖書の中にも登場する怪物がコカトリスです。
日本でもゲームの敵として馴染みがあると思いますね。皆一様に雄鶏、もしくはトカゲと融合した様なフォルムで描かれる怪物です。

にまつわる攻撃をしてくる事が多く、実際伝承の中で語られてきたコカトリスも猛毒を持つ怪物として記述されています。

コカトリスと言うのは英語読みの様で、フランス語圏ではコトリーユと呼ばれる事もあるようです。
この事から一見ヨーロッパが発祥の幻想生物と思いきや、その由来は諸説あります。

コカトリスは中東からの輸入版か

まず中東にはバビロンの時代から似たような幻想生物でバジリスクと言う物が存在します。
こちらはトカゲやの化け物として描かれる事が多く、建造物の装飾などにも用いられています。

猛毒を持ち、口から毒息を吐いたり馬上の騎士が槍でバジリスクを突いた所槍を伝い騎士を伝い馬も死んでしまったと言います。
このバジリスクが、14世紀頃ジェフリー・チョーサーが執筆した「カンタベリー物語」の中に登場した際に初めてバジリコックと言う名称が付けられました。

あくまでこの段階ではバジリスクの紹介と言った感じでしたが、ヨーロッパ風にアレンジされた結果コカトリスと言う名称になり、姿かたちもトカゲ+雄鶏と言った物になったと言われています。

他の説では、元々イクネウモーンと言う「後ろから尾けるもの」と言う言葉がラテン語を介し、更に昔のフランス語を経てコカトリスになったとも言われています。
これは最初マングースを指す名称だたったんですが、いつの間にか獲物の蛇とか鶏が混ざった結果怪物になったんだと言われています。

どちらの説にしろ、細かい部分はバジリスクの影響を過分に受けていると言えるでしょう。

コカトリスとドラゴンとの融合

竜とコカトリス

ドラゴンと融合したコカトリス
出典:http://static2.wikia.nocookie.net/

長い年月を経て、段々とコカトリスは怪物としての側面を強くして行くことになります。
最初は民間に伝わるような身近な怪物だったのが、認知されると共にヨーロッパで悪の象徴とされるドラゴンとも結び付いていくんですね。

結果、後の時代のコカトリスは蝙蝠の様な翼を持っていたり、サイズも大きくなったりした物が有名になっていきます。
又、毒に関する情報もバジリスクと同じで、先ほど記述した槍を持って馬に乗った騎士の話も対コカトリスバージョンとして存在するようです。

厄介なのはコカトリスが池で水を飲むと、当分の間はその池は毒に侵されて飲めないとか、息を吹きかけられると死ぬとか、見つめられると石になってしまうと言う物まで存在します。
どれも人間様からしたら致命的ですね。この様に恐れられた怪物だったんです。

レリーフや紋章にも登場する

城のレリーフ 出典:http://2.bp.blogspot.com/

城のレリーフ
出典:http://2.bp.blogspot.com/

一周回ってなのか、このコカトリスやバジリスクは総じて貴族の家の紋章や建造物のレリーフに登場するようになります。
これは、一族や家を外敵の悪しき物から防ぐために用いられたんですね。

まさに「毒をもって毒を制す」の信念で、「どうせだったら守ってもらおう」と言う発想から来ています。
ここに関しては、雄鶏と言う割と身近な動物がモチーフになっていた事も大きいと思いますね。

平民でも知っている動物ですから現実的な側面も持ち、認知度も含めて考えると使用しやすかったんだと思います。
なんと言うか出世した感がありますね。

他の幻想生物だとケルベロスキメラと並び、現在ではゲームの世界でその存在を見る事が多いと思います。
やっぱり扱い安いんだろうなーと思いますがどうなんでしょう。

[当記事の著作権はhttp://chahoo.jp/に帰属します]2016/06/24
当記事の無断転載は禁止しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る