流れ着いた未確認生物の死骸!シェルブールの怪物!

シェルブールの怪物

フランスのシェルブールにたどり着いた謎の未確認生物の死骸をシェルブールの怪物と呼びます。
時は1934年と大分昔の話ですが、今でもこのUMAの正体に関しては謎が多いです。

一応モノクロの写真で分かりづらいですが、右側に立っている男性と比較してもその大きさは判別が付くかと思います。
およその体調は約7メートルと非常に大きい生物だったようです。

一般的な水棲型の未確認生物とは違い中途半端に長めの首や、鰭があるのが特徴ですが、当時はどれほど騒いだのでしょうか。
頭部も小さく、一見するとアザラシかクジラの何かと思いますが、どちらにせよこれほど細長い体を持った生物は一見でピンとこないのが普通かと思います。

シェルブールの怪物の正体は

もちろん当時より大分時間も経過した事により、今では詳細は分かり兼ねますが、当時の調査によると最初はウバザメ説が挙がったようです。
ウバザメと言えばUMAファンの方にはニューネッシーが思いつくかと思いますが、ここでもその名前が出てくるとは。

結局ウバザメ説はすぐに取り消され、その後出て来た説としてはアザラシ、オットセイ等があります。
その後パリ自然史博物館より正式に二名の研究員が派遣されたようで、新たに調査した結果によると軟骨魚であるとの見解が出たそうです。

軟骨魚と言うのはその名の通り、エイ等の生物を指します。

となるとシェルブールの怪物は未知の海洋生物の可能性が非常に高いと言う事になります。
今でも深海は宇宙よりも調査が進んでいないとの意見もありますが、やはり人間の目にまだ触れていない生物が存在しているとの見方も出来る感じです。

最近でこそ世界の海岸に打ち上げられた謎の未確認生物の死骸の画像等はすぐ出回りますが、この事件を鑑みると当時から謎のUMAが海岸や川辺に漂流する事も多々あったと言う事でしょうか。

そういう意味ではシェルブールの怪物は今の漂着未確認生物のパイオニアとも言えるかもしれませんね。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る