1万3000年前から北極上空を飛ぶブラック・ナイト・サテライト

ブラック・ナイト・サテライト

ここ最近で話題になってきた謎の人工衛星の話になります。
ブラック・ナイト・サテライトと名付けられたこの人工衛星は、地球の周回軌道上を1万3000年前から飛行しているとの事です。

[youtube id=”WmBFNEBo1uE” align=”center” mode=”normal”]

ブラック・ナイト・サテライトの謎が解明されたら?

ここまでの記事だと何のこっちゃと思う人が多そうですが、下記で詳細を見て行きたいと思います。

実は、この「黒騎士の衛星」と名付けられた謎の人工衛星が発見されたのは1960年まで遡ります。
その割には私も最近まで知らなかったんですが、ここに来てその詳細も少しずつ分かってきているのと、画像まで公開されたりして注目を集めています。

当初より地球外を起源としている物ではないかとの見方も強く、1920年から10年程は電波を出しているのも確認されていたようです

もうこの時点で相当ミステリーなんですが、天文学者のDuncanが研究、解析した所送信される電波のパターンで1万3000年前の起源を発信していたと言うから驚きですね。

エプシロン・ボーティスと呼ばれるこの大昔の星系に向けて焦点が合っていたとされていますが、果たして1万3000年前に誰がどう言った理由でこの人工衛星を打ち上げたのでしょうか。

当時はアメリカとロシアが宇宙産業にやっと乗り出した頃

1960年と言えば、いよいよアメリカロシアも宇宙産業に着手しようとしていた矢先で、当時衛星を軌道に乗せると言う事はまだ困難な時代でした。
そんな中ポっと見つかったブラックナイト・サテライトは、当時の両国の技術水準を大きく上回った物であり、サイズ感も大きかったと言う事が分かっています。

少しオカルト気味な話としては、エジソンと争った稀代の発明家ニコラ・テスラもその存在を把握していて、あまつさえそれから電波を受信していたと言った説もある様です。

同じように、当時のアマチュア無線家の方で発信の解読に成功した人が居たらしく、それによるとやはり1万3000年前に地球からエプシロン・ボーティス星系に向けて発信していた電波と言う事が判明しています。

こうした背景もあって、実は当時から正式に調査委員会が設けられるなど「知っている人は知っている謎の衛星」と言う感じでしたが、中には肉眼でも目撃出来た時期もあるらしく、通常の人工衛星とは違い東から西へ向かって流れるように移動するブラック・ナイト・サテライトが確認されています。

そのスピード自体も当時ではあり得ない位早かった様なので、謎はますます深まるばかりです。

その後地球の軌道上を22周する研究ミッションの際にも、当時この任務に携わったゴードンと言う方が目撃、報告しています。
この時は結論として、電気系統のショートから二酸化炭素の発生により幻覚を見せたと言う事で結論づけられているようですが、胡散臭いですね。

謎の人工衛星

ブラック・ナイト・サテライトの正体は?

個人的に思うのは、あながち1万3000年前の謎の遺物と言うのは本当の事なのかもしれませんね。
良くあるのは後々調査が進むと、1万3000と言う数字は誤りで以前地球から発射衛星のブースターでしたみたいな結論が多いと思いますが、隠ぺい体質と言われているNASAの事ですから裏では何か真実を隠しているかもしれません。

やはり、超古代文明ファンとしてはシュメールに文明を伝えた宇宙人の存在ではないですが、大昔には地球には他の惑星から来たいわゆる宇宙人の存在があったのではと思ってしまいます。

幾つかの文明で、今でもこの様に宇宙人が引き合いに出されるような高度な文明の話はありますが、それの一つの確証を証明する物かもしれませんね。
又、何か電波を発信していたと言う所も気になります。

宇宙と絡めた超古代文明の話では、月も他の惑星の生物が作った人工物と言う意見もありますから、ブラック・ナイト・サテライト位作るのは造作も無い事なのかもしれませんね。

その詳細も、年月がさらに進めばはっきりと分かるときが来るのでしょうか。

余談ですが先進国のトップ達は宇宙人の存在と干渉を黙認していて、それを世界の国民にひた隠しにしているとの説があります。
それを公表するタイミングですが、いきなり知らせるとパニックを起こす事もありうると言う事でこの手の情報を敢えて小出し小出しにしていると聞いた事があります。

そうなると60年代に発見されたブラック・ナイト・サテライトが今頃になって自然とフィーチャーされているのも頷けますね。
その他、眉唾ですが面白いのはアメリカ政府はハリウッドと組んで定期的に映画を通して宇宙人の情報を配信していると言う説です。

パッと思いつくのは「E.T」「宇宙戦争」等でしょうか、沢山の人の目に触れると言う意味では映画は最適な方法かもしれませんが、いつか宇宙人の存在がコロッと公になる日が来る気がします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る