ベン・マックドゥーイ山の未確認生物ビッグ・グレイマン

ビッグ・グレイマン

スコットランドにも類人猿型の未確認生物がいた

ヨーロッパはスコットランドのベン・マックドゥーイ山に「ビッグ・グレイマン」と呼ばれる未確認生物が出没するようです。
この未確認生物、結論から言うとビッグフットイエティ等の類人猿型のUMAなんですが、アメリカ大陸やアジア付近以外にもこの様な未確認生物が居るのは少し新鮮ですね。

このベン・マックドゥーイ山と言う山自体も古くから有名で、色々な文献や伝承に出てくる山でもあります。

ビッグ・グレイマンは妖怪チック

元々ビッグ・グレイマンは未確認生物としての側面だけでなく、古くから登山者の心を掻き毟る様な謎の存在としても語り継がれてきました。

日本でも山に出没する妖怪の話は幾つもありますが、そう言った超常現象的な物として話に挙がる事もあるわけです。
しかし、それだけでなく何かしらの巨大な生物がこの山には居ると言う事で、中には襲われた記録も残ってたりします。

個人的な見解になりますが、どうもヨーロッパの昔の人は幽霊とか謎の存在にグレイ=灰色を関する事が多く、似たようなグレイマンのネーミングを関する物ではやはりスコットランドの民間伝承にも出てきます。

こちらは類人猿等とは又違い、昔の貴族の格好をしていて全身が灰色に見えるんだそうです。
特徴的なのは非常に大きい幽霊で、月が出るのと一緒に現れるとの事、そしてグレイマンは時たま奇声を発する様ですがその声を聞いてしまうと死んでしまうと言う物です。

gleyman

出典:forum.gamer.com ゲーム「ソウルハッカーズ」に登場するグレイマン

同じスコットランドで舞台は山に移っても、この巷で騒がれていたグレイマンのディティールがそのまま持ちこされた感じでしょうか。

登山者達が山の中で不意に不安に駆られたり、通り慣れた道なのに迷ったりするのはこの怪異が原因と考えられそのまま認知された物がビッグ・グレイマンの様です。

未確認生物としてのビッグ・グレイマン

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは未確認生物としてのビッグ・グレイマンです。
まずはその特徴から見てみましょう。

身長は2.5メートルから3メートル、かなり大柄な生物です。
前身はご多分に洩れず毛むくじゃらで、筋骨隆々、頭頂部はいささか平らな様ですが概ねビッグフット等をイメージしてもらうと良いかと思います。

少し違うのは全身を覆っている毛の色は灰色と言う事ですね。
これもグレイマンのネーミングの一端を担っているんだと思いますが、毛が灰色と言うのは珍しい特徴なんではないでしょうか。

木が多い茂る山の中でも時速70キロ程の猛スピードで走ると言われていて、ベン・マックドゥーイ山自体が非常に霧の濃い山なんですが、その中を疾走すると言う事でインパクトは大ですね。

先程は超常現象的なビッグ・グレイマンの話をしましたが、後ろから追いかけられているのに振り向くと誰も居ないと言う報告もあり、未確認生物と超常現象の境目があいまいになっているのも大きな特徴のUMAです。

著名な登山家も追いかけられた

ノーマン・コリーと言う名の著名な教授で登山家も過去に追いかけられた事があるようです。
時は1891年と大分古いですが、ベン・マックドゥーイ山を下山している際に後方からビッグ・グレイマンが追いかけてきたそうです。

その時は恐怖で無我夢中で逃げて来たという記録があり、他にもビッグ・グレイマンを銃撃したと言う人の記録も残っていますね。

銃撃の記録は1943年10月の事の様ですが、残念ながらこちらのケースは登山家の名前も不明です。
銃撃されたにも関わらずビッグ・グレイマンは怯むことなくこの登山家の方へ向って来たとありますから、肝が据わっていると言うか若干野生離れしている印象も受けますね。

一応この未確認生物の足跡も発見されていて、その大きさ約35センチ程と言う事ですからかなり大柄な類人猿型未確認生物です。

基本的には他の国で報告されている様なUMAと類似したタイプだと思いますが、記録も含めて大陸から海を隔てたスコットランドにも古くから二足歩行する未確認生物が生息していると見て間違いはないでしょう。

ここ最近はあまり目立った報告も無い様ですが、まだ生存しているとしたら胸アツですね。
今後の動向に期待です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る