ロッキー山脈に存在する類人猿型UMA?ビッグフットについて

ビッグフット

ネッシーと同じく世界的にも有名なアメリカのUMA、ビッグフットについて書いてみます。

アメリカはロッキー山脈に生息すると言われている人型の未確認生物でして、
その正体は現在も議論が成されているように謎のままです。

その歴史は意外と浅く、1942年に山中で石炭坑夫が射殺した遺体を夜に取り返しに来たらしいです。
尾びれはついていると思いますが、小屋を殴打するなど激情家な一面も覗かせて、さぞこの時の石炭坑夫達は肝を冷やしたんではないかなと思います。

他にも幾つか1900年代の目撃、遭遇情報が有り、詳細には貯蔵してあった魚を漁ったり牧場を襲撃する等何となく食生活も垣間見える内容になってます。

ビッグフットの名前が普及するまでは現地の人たちにはサスカッチと呼ばれていた事もあり、メディアに出る前からも古くは目撃されてたんでしょうね。

1958年のカリフォルニア州で山中を通りがかったトラックの運転手が大きな足跡を発見、これの型を石膏で取った物が新聞に載りそこから爆発的に認知されていきました。
ビッグフットの名前の通り人間と比べても非常に大きなサイズが特徴ですね。

正体は未知の類人猿か?

自分も子供の頃はこの説を信じてました。
広大なアメリカ大陸にはまだ未開の山もあり、そこに古代から独自の進化を遂げた霊長類がいる。
何とも夢のある話ではありませんか。

可能性で言ったらどれ位なんでしょうか。
0では無いと思うんでけどね、疑問に思ってしまうのは何故アメリカ大陸のロッキー山脈で?と言う事にもなってしまいます。

余談ですが、アメリカのみならずヒマラヤ日本でも同じような類のUMAは目撃されています。
ヒマラヤだとイエティ、日本の広島県にヒバゴンと言う類人猿型の未確認生物がいるみたいです。

先の進化論的な側面から言うと更に不思議になってしまいますね。

けど現在確認されている生物の中にはそれこそ近年まで未発見で、最近知られた生き物だって多いと言う事です。
生物は最初はみなUMAだとも言えますね、少し強引ですけどwww

そうなるとやはりまだまだ未知の生物、独自の進化を遂げた類人猿が居てもおかしくはないのかもしれませんね。


 

別写真で撮影されたビッグフット

最近話題のDNA鑑定

ここ半年ぐらいでネットのニュースを賑わせたのは、過去にビッグフットやイエティの物と言われている毛髪をDNA鑑定してみたニュースです。
結論から言うと、残念ながら類人猿の物とは一致しないと言う結果が出たようで、殆どはアライグマなどの現存する小動物の物だったようですね。

ただ、一部のDNAに関しては、ホッキョクグマにかなり近しい生物のDNAが検出されたようで、ホッキョクグマと別の種の熊の交配種、もしくはその子孫が独自の進化を遂げた生物との可能性が非常に高くなったみたいです。
しかしながらこの結果は主にヒマラヤのイエティに対しての物がメインなようなので、ここは一つアメリカのビッグフットには存在を期待しちゃいます。

ついに伝説の雪男イエティやビッグフットの正体がDNA鑑定で判明

足跡の石膏は殆どが偽物

ちなみにですが世の中に出ているビッグフットの足跡の石膏はその殆どが偽物と判定を受けてるようですね。
ちょっとした悪戯だったり、売名行為のために自分で作った人が多い様で、これは専門家が調べればすぐに分かるみたいです。

具体的には、生物が歩いた時の特徴が石膏に残るはずなので残ってない。
霊長類が歩いた時には足のつま先から地面に着地して次に踵、そして地面から離れる際もつま先から先に浮いて後に踵が浮くと言うシステマチックな部分が石膏に出ていないことで分かるようです。

ただ、中には人為的な物でなくちゃんと大型サイズの足で歩いた生物の足跡として残っているものもあるようなので、引き続きビッグフットの研究から目が離せなそうですね。

居てほしいなと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る