ロシアの類人猿型未確認生物アルマス

アルマス

久々類人猿型のUMAアルマスの紹介です。
ロシアのコーカサス地方で目撃されるこの獣人の正体は、一応ネアンデルタール人の生き残り説が有力ですが、現在も確証には至っていません。

又、地方によって呼び名が変わるのが類人猿型の未確認生物の特徴でもありますが、アルマスの場合も場所によってアルマスティと呼ばれる場合もあります。

外見は約2メートルの巨漢と、全身茶褐色に覆われた毛が目を引きますが、その実ビッグフットやイエティ等の他のUMAとの関連も気になる所ですね。

この地球上には先史時代の生き残りもいる?

このアルマス、目撃情報を合わせるとロシアだけでなくお隣の中国やモンゴルでも目撃があるそうです。
未確認生物は他の国にまたがって目撃される種も確かにいますが、一気に信憑性が増す気がしますね。

一国だけの目撃情報であれば誤認説や、それこそ中国の野人に見られる村おこし疑惑などもありそうですが、他の国や民族が目撃しているとなると存在の可能性は高そうです。

アルマスティ

ただ、このアルマス殆ど正体に迫るような情報があるわけでもなく、さして研究が進んでいるわけでもないんですね。

今現在分かっている事は運動能力がかなり高く、足の速さは特筆するものがあるみたいですね。

ビッグフットやイエティよりも活発的なんでしょうか。

一応正体とされている説ではネアンデルタール人の生き残りと言う説がありますが、一点合致しないのは慎重が2メートルもあると言う事です。
ネアンデルタール人であればこれは少し大きすぎるきらいがあるようで、もしそれであれば精々170センチ前後の身長が妥当なところらしいですよ。

少し前に情報が挙がったものでビッグフットやイエティは大昔の熊の仲間、今で言うホッキョクグマのDNAと近しい結果が出たとの画期的な記事がありましたが、個人的にはアルマスの場合はこれに合致しないような気がします。

もっと人間寄りと言うか、それこそ足の速さまで判明しているほどですからやはり霊長類の何かが正体なのではないでしょうか。

アルマス=ネアンデルタール人の生き残り説の仮説

先ほどはネアンデルタール人であると慎重に無理があると言う話はしましたが、これに現代のエッセンスを加えると一気にアルマスの正体=ネアンデルタール人の説が信憑性を帯びてくる事になります。

先ず、ネアンデルタール人は歴史上2万年ほど前に忽然と歴史から姿を消してしまいましたが、2万年です。
もしこの期間コーカサス地方の山岳地帯で生態系を築いていたとしたらそれなりに進化しているのではないでしょうか。

つまり、長い年月を経る事によって、身長も高くなっているかもしれません。

もう一つは高い運動能力と絡めると、昔よりも骨格が良くなって運動機能全般が高くなっているかもしれませんね。
つまり、研究で分かっているネアンデルタール人の物よりも筋骨隆々かもしれないと言う事です。

ビッグフットにも見られる特徴ですが、頭部が大きく方にめり込んでいたと言う情報もあります。

2メートル近くに見れるまで肩周りの筋肉が盛り上がっているかもしれませんね。

実際ネアンデルタール人の生き残りであれば非常に学会は湧くでしょう!

今後も調査が進んでくれることを祈っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ササボンサム

    2016-6-1

    ガーナに伝わる翼竜ササボンサム

    ササボンサムと言う飛行型未確認生物 飛行型未確認生物の種類は決して多くありませんが、いわゆる翼竜型…
  2. ピアサバード

    2016-5-20

    人肉を食らう怪鳥ピアサバード

    ネイティブアメリカンに伝わる未確認生物 ピアサバードとはネイティブアメリカンの伝承に伝わる謎の怪鳥…
  3. ポポバワ

    2016-3-30

    アッー!男性ばかり狙うポポバワ

    アフリカに出没する未確認生物ポポバワ 主にアフリカは東の方、タンザニアで目撃・襲われたと言う証言が…

ツイッタータイムライン

Filippo(フィリッポ)


首都圏在住既婚、webデザイナーを経てライター等で生活してます。
趣味は麻雀ですが、普段は主にダラダラしつつUMA系の本を読み漁ってますね。

当サイトは主に未確認生物をメインに、オカルトチックな物やオーパーツ、超古代文明等も随時更新しています。

過去話題の記事

  1. ブループ

    2016-4-19

    史上最大の大きさを誇るUMAブループ

    海底から聞こえる正体不明の異音 知る人ぞ知る未確認生物でブループがいます。 まさに正体不明のUM…
  2. テムズ川

    2016-4-1

    テムズ川で撮影された巨大な未確認生物

    ロンドンのテムズ川にも未確認生物 イギリスのロンドンを流れるテムズ川で、巨大な未確認生物を撮したと…
  3. シーバェ

    2016-3-28

    異星人シーバェの肉声動画公開

    2012年に届いた異星人シーバェの音声 宇宙から地球人に向けてメッセージを受信していたと言う何とも…
  4. 雲の上の巨人

    2016-2-26

    雲の上の巨人型未確認生物が飛行機の中から激撮された!?

    雲の上に巨人が存在する様に見える写真 2016年の2月冒頭の事ですが、飛行機の中から撮影された巨人…

オカルトピックアップ

  1. スフィンクスの謎
    スフィンクスを建造したのは火星人か? どうもこんばんは、本日配信されたポケモンGOを遊んだけれど行…
  2. モンスの天使
    戦争の最中に起きた奇跡とは 時は第一次世界大戦の頃、ベルギーのモンスという場所で起きた超常現象をモ…
  3. 死海文書
    1947年に死海付近の遺跡で見つかった文書 死海文書、もしくは死海写本とも呼ばれるこの書物は194…
ページ上部へ戻る